かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

【リリスパ】アニメ『RELEASE THE SPYCE』3話感想 - 可愛い白虎がモモを追い詰める

2018秋アニメ『RELEASE THE SPYCE』第3話「モウリョウ』感想です。

前回あらすじ
モモのエージェントとしての訓練がはじまった。スパイの鉄則を教える雪。ツキカゲの面子も様々な態度でモモに接する――。

第3話あらすじ

いよいよモモの初任務。料理に麻薬を入れているという噂のある中華料理店に囮として潜入するモモは、調理場で天井から縄で吊るされていた。モモは店主の自白を引き出し、ツキカゲの仲間が突入。首尾よく任務完了したように思えたが雪からはダメ出しが飛ぶ。

雪「与えられた仕事に不満そうね、モモ。そんなことだから情報を全部聞き出せないのよ。あの会話聞き逃せたはず。

次は競輪場でドラッグの取引をするグループを取り押さえる任務。モモは裏門を警戒する担当だが、主犯格が正門から逃げたという情報を聞き、持ち場を離れてしまう。その隙に、裏門からグループの一味が逃げだし、また雪の叱責を受けてしまう。

五恵と楓に励まされて、再びやる気を取り戻すモモ。次の任務は競輪場で捕まえた女の店に潜入するという。そこは非合法なインモラルな店だった(書けないので察してください)。潜入したモモは正規の店員を麻酔銃で昏倒させロッカーに押し込み、店員になりきり客に近づく。客も麻酔銃で撃ち、客の情報も手に入れようとするモモ。

しかしここで潜入が発覚。警報が鳴る。モモがロッカーに押し込んだ店員が清掃員に発覚したためだった。監督不行届のために雪が謝る。その姿を見てさらに落ち込むモモ。

モモ「わたし…ツキカゲ向いてないのかな…

武装人形が密輸されるという情報がもたらされる。そこにはツキカゲの敵のモウリョウの手も伸びていた。モモは不安から五恵に相談をする。すると楓の働くメイド喫茶で弟子3人が集まって作戦会議をすることになる。五恵やも失敗したことがあるし、ツキカゲはチームだから助け合えるんだと言うとモモは元気を取り戻す。

任務が始まる。モモの任務は逃げ道を固めること。密輸グループを一掃する雪たちだったが、武装人形に取り囲まれ白虎が姿をあらわす。

白虎「お前らツキカゲだな!わたしは桃源村の白虎!

白虎は一人佇むモモを狙いに定める。モモもスパイスを噛み臨戦態勢。楓が助太刀に入る。2人同時に攻めるが、俊敏な白虎を捉えられない。すると白虎もスパイスを摂取。スパイスの力に押され気味のモモとだったが、五恵が狙撃で援護。3人の連携により白虎を峰打ちにて撃破。

捕虜となった白虎は拷問にかけられ、洗いざらい喋らされる。しかし白虎はモウリョウに前もって飲まされていた恐怖心を感じると記憶が消えるゼリーを飲まされていた。

記憶が消えてしまった白虎からは何も聞き出すことはできなかったが、靴から採取した砂粒からキューテンサイエンス社保有するビーチバレーコートの砂と判明。モモは雪に一皮向けたと認められ、ツキカゲのメンバーとしての褌を締め直すのだった。

感想

最初の中華料理での雪の叱責はちょっと言い過ぎではと思ったのですが、その次の持ち場を離れるモモの行動だったり、功を焦り店員を無駄に昏睡させるなどの行為を見ると、叱られるのも仕方ないと感じました。他のメンバーの命や一般人にも危害が加わる可能性があるから、勝手な行動を慎まなければならないことは当然で、もっと強く叱られるべきところなのかもしれません。

しかしツキカゲは拷問もする機関だったとは…可愛い顔してあの子割とやるんですね。白虎の声優は鈴木愛奈さんなのですが、やっぱり邪神ちゃんはどこのアニメに行っても拷問される運命なのかと涙を禁じえません。

たくさんの話を詰め込んで濃密な展開を作っているにはわかりますが、そのせいかモモの感情がコロコロ変わって、ただの情緒不安定な女の子のように見えてしまうのが玉に瑕です。サッと流すところは流して、重要なところはゆっくり時間をかけて、緩急のあるアニメだったらもっと良かったのかなとも思います。

楓ちゃんが癒し。彼女が裏切り者だったら嫌だなあ。でもモモの次に一番可能性低そうな人ではあるんですが。