かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ゲーム『あかねさす少女』レビュー - システムは悪くないがガチャが酷すぎる

スマホゲーム『あかねさす少女』がサービス開始されましたのでレビューしたいと思います。『あかねさす少女』は現在テレビアニメが放送されていまして、最初からメディアミックスを意識したゲームだということがわかります。アニメの感想、考察も書いていますので、もしよければ以下のリンクからご覧ください。
あかねさす少女アニメ感想リンク

悪くないゲームシステム

『あかねさす少女』の戦闘システムはターン制のヘックス型シミュレーションRPGです。自分のターンに全てのキャラクターの行動を決定→戦闘スタート→敵のターンという感じで戦闘が進んでいきます。自分でもキャラクターを動かすことはできますが、右下の行動ボタンを押すことで、どこに移動するかや誰に攻撃するかをいちいち考えることなくやってくれます。もちろんオート戦闘もありますので、親切な設計だと言えるでしょう。

スキルはカットインが入ります。ただ可愛い感じでもなくかっこいい感じでもないグラフィックが少し中途半端に感じます。また、オート戦闘だけでなく戦闘シーンはカットできると嬉しいです。

成長システムは、レベルやスキルツリー(ランク)、装備強化があります。これはまあ良いのですが、ハードなのはグレードでこれはいわゆる限界突破です。全てのキャラクターが星7まで強化できます。グレードアップにはフラグメント*1が必要です。このフラグメントはガチャなどで入手できますが、このゲームの一番の問題点はこのフラグメントとガチャにあります。

あまりに厳しすぎるガチャ

ガチャはフラグメントとキャラクターが出現します。非確定枠では、キャラクターを直接獲得できる確率が2.614%で、それ以外の97.386%はフラグメントが手に入ります。このフラグメントは要するにキャラクターの欠片で、Rのキャラクターを手に入れるためですら1030個手に入れなければなりません。

そして、ガチャで何個フラグメントが出てくるのかというと動画を見て貰えばわかりますが、大抵の場合は5個程度です。よってとんでもない額を課金しないとキャラクターが入手できません。ただ10連の場合はキャラクター確定枠があります。確定枠のUR確率が5.660%なので、ここだけは良心的です。つまり言ってしまえば、3,000円でUR5.660%のガチャがあるゲームだと考えたほうがいいでしょう。

もちろん他のミッションなどである程度フラグメントが手に入るのですが、そうだからこそなおさらガチャを引く気が失せます。そしてこのフラグメントはグレードアップにも必要になるのですから、果てしないゲームです。


アニメとは違うストーリー

ストーリーはアニメの設定を踏襲していますが、少し改変されており、実質的にはゲームオリジナルです。なのでアニメを楽しんだ人も再び新鮮な気持ちで『あかねさす』の物語を体験できますし、また違いを見つけるのも楽しいでしょう。

ガチャ周りを除けばゲームとして(少し古くさいものの)悪くないのですが、ガチャの部分が全てをダメにしています。ここの部分が改善されるならば遊べるゲームになるのですが、もう離れた人は戻らないでしょう。最初にレアキャラを手に入れさせて気持ちよくプレイさせてあげればいいのに、スタートダッシュで一番やったらあかんことをしてしまったという印象が拭えません。

*1:アニメではフラグメントは世界線の意味