かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま』1話感想 - ゆるふわもふもふからの少年漫画ラブコメ

2018秋アニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま』第1話「」

天界から堕とされ、悪魔となった元天使たちが働く魔界・万魔殿(パンデモニウム)の主・ベルゼブブ閣下。ベルゼブブに近侍として仕えることになった新人職員・ミュリン。ベルゼブブは知的でクール......と思いきや、実はモフモフ大好きゆるふわ少女だった!憧れと現実のギャップに戸惑いつつも、日々ベルゼブブとの距離を縮めていくミュリン。そんな二人を取り巻く、これまた不器用でユニークな悪魔たち。このお話は、悪魔たちがある気持ちに名前を付けるまでのお話。......かもしれない。

スタッフ
原作:matoba(月刊「少年ガンガンスクウェア・エニックス刊) / 監督:和ト湊 / シリーズ構成・脚本:冨田頼子 / キャラクターデザイン:住本悦子 / 音楽:分島花音千葉“naotyu-”直樹 / 音響監督:本山哲 / アニメーション制作:ライデンフィルム / 製作:「ベルまま。」製作委員会
キャスト
ベルゼブブ:大西沙織 / ミュリン:安田陸矢 / ベルフェゴール:久野美咲 / アザゼル日野聡 / サルガタナス加隈亜衣 / アスタロト松岡禎丞 / エウリノーム:赤崎千夏 / ダンタリオン悠木碧 / モレク興津和幸 / ナレーション:井上喜久子

第1話あらすじ

ボーイ・ミーツ・モフみガール

天界から堕とされた悪魔たちが働く万魔殿(パンデモニウム)の主・ベルゼブブ嬢。ベルゼブブ嬢はふわふわのわたあめに埋もれて、お菓子の家にわたあめの雲を渡っていく夢を見ていた。わたあめ身体についたらベタベタになるんだよなあ…

大切な会議に遅れるベルゼブブ。近侍頭のミュリンが呼びにいくとベルゼブブは一糸纏わぬ姿でベッドでスヤスヤ寝ていた。恥ずかしくて顔を覆うミュリンにベルゼブブはマイペースでケサランパサランの増殖に成功したという。

プライベートとは違って仕事は完璧なベルゼブブ。ミュリンはベルゼブブにからかわれたり、お茶を最高のタイミングで出したことに感心されたり、ベルゼブブの可愛さから居た堪れなくなってお外走ってくる純情乙女男子だった。

ミュリンはベルゼブブに勝手に憧れ勝手に軽蔑していたことを恥じ、アルパカの毛で作ったセーターをプレゼントする。自分が嫌われていると思っていたベルゼブブはミュリンの気持ちに感動し頭なでなでをする。翌朝、ベルゼブブを起こしにいくと、セーターを着ているものの下は露わで、またもや顔を覆うミュリンだった。

近侍の心、閣下知らず。

魔界の市井視察に出掛けることになったベルゼブブとミュリン。近侍からベルゼブブは魔界戦争ではサタンの右腕として獅子奮迅の活躍をしたこと、暗殺者から命を狙われても足蹴にしたことを告げられるが、ミュリンには今のベルゼブブ嬢からは想像もできない姿だった。

しかしミュリンは、そんなすごい悪魔に自分なんかが仕えていいのかと自問する。しかしベルゼブブはマイペース。ネコを拾って見せる。落ち着きがないとベルゼブブを叱るが、拗ねた顔が可愛くて悶えるミュリンだった。

叱った甲斐もなく迷子になるベルゼブブ。ミュリンは繁華街を探し回り、路地で怖い人に絡まれているベルゼブブを発見する。怖い人を瞬殺するミュリン。ベルゼブブに壁ドンして感情をあらわにする。

ミュリン「心配なくても…心配するんです!
ベルゼブブ「…わかりました

ベルゼブブはミュリンに素っ気ない態度を取ってしまう。ベルゼブブを怒らせたと後悔するミュリンだが、ベルゼブブには恋の萌芽があったのだった。

感想

ベルゼブブが大西沙織、ベルフェゴールが久野美咲サルガタナス加隈亜衣という玄人好みなキャスティングな本作。このブログのもう一人のライターのかいぶつは好きそうなキャスト陣です。オープニングとエンディングも良かったです。そして一枚絵が綺麗でキャプチャーが取りやすいのはありがたいです。

問題の内容なのですが個人的にはあんまり好きではないですね。ゆるふわもふもふ系のアニメで、その雰囲気は上手くアニメで達成されていたと思うのですが、そもそも設定が面白くないのです。ベルゼブブって蝿の王だと思うのですが、そういう片鱗が何もなくてなんで魔界の設定にしているんだろうなあと思います。

あと時折挟まれる井上喜久子さんのナレーションが気になります。ツッコミ役のようなイメージでしょうけど、ボケ自体も大して面白いわけでもないのに、柔らかなツッコミがあることで二重で滑っている印象が拭えません。ナレーション自体が不要だったのでは。

いきなりお色気シーンがあったり作品の雰囲気は美少女動物園ものを感じさせるのですが、ずっと見てると男との絡みがやけに多く、少年漫画的ラブコメなんだなあと分かります。もともと原作がガンガンなので、少年漫画なのは当然なのですが、絵柄と内容がマッチしていないと思います。期待していたものに対して肩透かしを食らった感じで、ガッカリ感が強いのではないかと思います。とりあえずベルフェゴールとサルガタナスが出てきて、その3人の絡みが増えてからですかね。私が期待していたアニメになりそうなのは。