かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』1話感想 - REtrieD -刻越えのモンモランシ-

2018秋アニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』第1話「錬金術と、妖精と」感想です。

イントロダクション
織田信奈の野望」の春日みかげによる新作歴史ファンタジーユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」が待望のアニメ化。貴族の息子でありながら魔術や錬金術の研究に没頭する少年 モンモランシは、パリの王立騎士養成学校でブルターニュ公の妹 リッシュモンら、多くの騎士・姫騎士候補に囲まれ、慌ただしくも充実した日々を送っていた。だがアザンクールの戦いでの大敗によって、フランスと彼らの運命は一変する。パリが陥落し、騎士養成学校も閉鎖され、すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う…。

スタッフ
原作:春日みかげ集英社ダッシュエックス文庫) / イラスト:メロントマリ(集英社ダッシュエックス文庫) / 監督:板垣伸 / シリーズ構成・脚本:金月龍之介 / キャラクターデザイン・総作画監督:澤田譲治 / 総作画監督:一ノ瀬結梨、髙橋成之、西田美弥子 / 美術設定:高橋麻穂 / 美術監督菊名香 / 色彩設計:石川恭介 / 撮影監督:町田啓 / 編集:武宮むつみ / 音響監督:納谷僚介 / 音楽:岩崎 琢 / 音楽制作:ランティス / 助監督:矢野孝典 / アニメーション制作:AXsiZ
キャスト
モンモランシ:逢坂良太 / ジャンヌ・ダルク大野柚布子 / アスタロト東城日沙子 / リッシュモン:沼倉愛美 / シャルロット:大西沙織 / フィリップ:高田憂希 / ラ・イル:石上静香 / バタール:桑原由気 / アランソン:間島淳司 / ザントライユ:高橋英則 / ニコラ・フラメル:糸博 / ヘンリー五世:日野聡 / ベドフォード公:興津和幸 / ラ・トレムイユ:阿部敦 / ジャン無怖公:斧アツシ / グラスデール:平田広明 / 赤髭のジャン:玄田哲章 / カトリーヌ:富田美憂 / エンリル:子安武人 / トマス:諏訪彩花 / ナレーション:石塚運昇

ナレーションの石塚運昇さんのキャスティング変更はありませんので、これが石塚さんの遺作になるかもしれません。

第1話あらすじ

15世紀。百年戦争が始まって80年となるころ。モンモランシは学校の授業も蔑ろに錬金術に魅入られた少年だった。 モンモランシによれば錬金術を極めれば戦争からみんなを救えるという。あきれたように友人のリッシュモンが現実を見なさいと戒める。

夜、モンモランシはリッシュモンを引き連れて外に出る。友人のシャルロッテとフィリップも合流、モンモランシが錬金術の師匠であるニコラ・フラメルの家で見たという妖精を探しに馬を駆る。妖精は悪魔の眷属とされているはずで、師匠の家にいたのは錬金術と関係があるからではとモンモランシは推測していた。

闇の山中で休んでいるとイングランド兵の襲撃を受ける。リッシュモンの剣戟とフィリップの機転により危機を脱するも、広がる戦火と混乱する政治情勢から仲間たちがいつか敵同士になるのではないかとリッシュモンは不安に思っていた。そして4人は学校を卒業してもずっと親愛なる友人ということを誓う。

後日、リッシュモンはブルターニュ公家の総代としてイングランド軍を要撃するためにアザンクールへ発つとモンモランシに告げる。モンモランシは賢者の石でリッシュモンを不老不死にしたいと師匠に頼むが、リッシュモンが辛い目にあうだけだと断られる。

リッシュモンはアザンクールの戦いで戦果をあげるもののイングランド軍の捕虜になってしまう。モンモランシは彼女を助けるために、錬金術の禁忌に手を出す。すると石が光り、妖精アスタロトが現れた。アスタロトは賢者の石を飲み込めばいいというが、その前にエリクシールを作らなければならないという。しかし7年経ってもできなかった。

感想

原作者は『織田信奈の野望』シリーズの春日みかげ史実にファンタジーを混ぜた作品は山ほどありますが、ジャンヌダルクも人気のテーマです。主人公のモンモランシは百年戦争のジル・ド・レでしょう。史実でも錬金術に没頭していたらしいです。リッシュモンのモチーフはアルテュール・ド・リッシュモンで、フランス軍司令官。男ですが。ニコラ・フラメルも実在した錬金術師で賢者の石を錬成したとされています。

アザンクールの戦いも、イングランド軍がアルフルールからカレーへと撤退したときの兵力減少を好機にフランス軍待ち伏せし発生した戦いで、イングランド軍は長弓を使用して、物量の不利を跳ね返し勝利を収めたという史実そのままの設定が使われています。またフィリップはイングランド軍に付くという描写がありましたが、これはブルゴーニュ公国がイングランドについた事実を反映しています。そしてタイトルの『ユリシーズ』はオデュッセイアの英語名です。

なんかこれだけ読めば真面目な作品かのように思うのですが、なんのことはないハーレムアニメというか、なんの取り柄もないような主人公がなんでか知らんが女の子にめちゃくちゃ好かれているという設定。しかも他のハーレムアニメは男がやけに強いとかありがちですが、モンモランシは弱いし何もできない割には偉そうで、なんでこんなキャラが好かれてるんだろうと思いながら見ていました。男性の軟弱化が深刻

そして最後7年経ったのは笑った。もう7年経ったら捕虜なんて絶対辱められるか殺されてるし、助ける助けないの問題じゃないと思うんだが。あとエリクシール(エリクサーのこと)を先に飲めって言いますけど、エリクサーって賢者の石のことだし、賢者の石から作られるものなので、なんか歴史に比べて錬金術の部分がガバガバな気が。そういう設定といえばまあ受け入れるしかないんですけど。

色々言いましたが可もなく不可もなく、ラノベ原作アニメが好きな方には合うんじゃないかなあと思います。これといった欠点もないので安心して見られるのではと思います。