かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

【リリスパ】アニメ『RELEASE THE SPYCE』1話感想 - スパイスの刺激の強いゆるゆり

アニメ『RELEASE THE SPYCE』第1話「ゴールデンスピリッツ」感想です。

イントロダクション
源モモは空崎市に住む女子高生。平凡な日々を過ごしていた彼女はとある事から私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。ツキカゲはどこの国にも属さず平和を影から守る正義のスパイ組織だった。若い女性にしか効かないが能力を上昇させる特製スパイスをはじめ数々の秘密道具、鍛え上げた心身を武器に彼女達は戦う。素人だったモモの面倒を見るのは高校の先輩でもある半蔵門雪。ツキカゲは師弟制度があり先輩が後輩を鍛えて技術を継承していくのだ。今、大都市である空崎には犯罪組織「モウリョウ」がその魔手を伸ばしていた。モモは自分を取り巻く家族や友人、商店街の人達を守るため、仲間たちと力をあわせて悪を討つ。

スタッフ
原作:SORASAKI.F / 監督:さとう陽 / 原案・シリーズ構成:タカヒロみなとそふと) / キャラクター原案:なもり / キャラクターデザイン:石野聡 / サブキャラクターデザイン:井上和俊、土生良介 / 美術デザイン:金平和茂 / アートワークス:岡村天斎 / プロップデザイン:赤石沢貴士 / キーアニメーター:西島翔平、丹羽弘美、浅田路子 / 美術監督:宍戸太一 / 色彩設計岩沢れい子 / 撮影監督:長田雄一郎/旭プロダクション / CGディレクター:坂本剛一/亡霊工房 / 編集:長坂智樹/ジェイ・フィルム / 音楽:佐高陵平(Hifumi,inc.) / 音楽制作:ポニーキャニオン / 音響監督:藤田亜紀子 / 音響制作:HALF H・P STUDIO / アニメーション制作:Lay-duce
キャスト
源モモ:安齋由香里 / 相模楓:藤田茜 / 石川五恵:のぐちゆり / 半蔵門雪:沼倉愛美 / 八千代命:洲崎綾 / 青葉初芽:内田彩

第1話あらすじ

私設諜報機関「ツキカゲ」はこの夜もある施設に潜入していた。諜報道具を使用して内部に入り込むが、警備ロボットの妨害に会う。ツキカゲの4人はスパイスを噛み、武器を装備し一掃する。作戦の帰り道、半蔵門雪は、観察力に優れる源モモを見出すのだった。

モモは心優しい普通の女子高生。だけど友達ができないことに悩んでいた。中学からの友人に昨日空飛ぶ人を見かけたことを話すとクラスメイトにいたツキカゲのメンバー、石川五恵と八千代命に話しかけられる。

五恵と命にカレー屋に誘われるモモ。友達ができて喜ぶモモだったが、彼女にはもう一つ悩みがあった。それは殉職した父のような警察官になりたいが、いざという場面では躊躇してしまう性格だった。父の部下だった歩刑事にそのことを打ち明けると休憩時間に相談に乗ると約束する。

しかしいつまで待っても連絡がこない。不安になったモモは歩に告げられた場所へと一人赴く。そこでは歩が高齢女マフィアに捕らえられていた。勇気を振り絞って携帯のカメラで証拠を押さえるモモ。しかしマフィアのロボに捕まり海に落とされてしまう。

万事休すかと思われたとこに颯爽と現れたのは雪だった。ツキカゲも参上。スパイスを食み敵をバッタバッタやっつける。しかし仲間がボスを連れ去り逃亡を図る。モモはツキカゲに巻き込まれ、敵を追う羽目に。

ツキカゲは悪のモウリョウと戦う正義の組織だという。モモは鼻が良く視力もいい、肌を舐めるとその人の調子がわかるほど舌が鋭敏、そして正義感もあるというスパイには天賦の才を持っていたため、スカウトしようと監視を行っていたのだった。

モモは入学時から雪に憧れを抱いていた。雪の弟子にならないかと誘われるが、自分は平凡な女子高生で自信がないと言う。しかし雪はそんなモモを励ます。

雪「始めに自信がないのは当たり前のことよ。積み上げた努力とその成果が自信につながる。…あとは一握りのスパイス。

モモはツキカゲに入ることを決意する。

感想

ゆるゆり。キャラクター原案がなもりだったり、主人公が赤で性格いい女の子だったり、ピンクが嫉妬深かったり、キャストの雰囲気がごらく部プラス生徒会だったり、意識しているとしか思えないアニメでした。ただストーリーはシリアスです。

最初に戦闘シーンを持ってきて掴みはバッチリ。その後日常パートもありつつ、モモがツキカゲを決意するまでが綺麗に1話の中に収まっていて、これ以上ない1話だったと思います。このアニメにかける思いが伝わってきました。個人的には音楽がすごく良かったです。特に緊迫したシーンで流れるBGMは高揚感、臨場感を高めてくれました。音楽は佐高陵平。さまざまなアニメ音楽や声優の楽曲を手がけています。

戦闘シーンもダラダラとやらず、爽快感ある大立ち回りでかっこいいし、同時に女の子らしい可愛らしさもありました。スパイスを食べてパワーアップするスパイというちょっと一発ギャグのような設定ですが、それだけにとどまらない魅力のあるアニメだなと思っています。リリースって何をリリースするのか見るまでわからなかったのですが力の解放ってことなんですかね。

なにやらツキカゲの1人が裏切ったという幕引きもあり次回が待ち遠しい作品です。