かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『火ノ丸相撲』1話感想 - これぞジャンプという王道

秋アニメ『火ノ丸相撲』1話「国宝・鬼丸国綱」感想です。

イントロダクション

発気揚々(はっきよい)!夢(よこづな)をかけた漢(おとこ)たちの激闘が始まる――弱小の大太刀高校相撲部に現れた新入生、"小さき"少年・潮 火ノ丸!「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格の火ノ丸だが、彼には途方もない夢があった。火ノ丸と弱小相撲部が殴り込む頂への道―――ド白熱高校相撲、開幕!! 

スタッフ

原作:川田「火ノ丸相撲」(週刊少年ジャンプ連載)/ 総監督:宇田鋼之介 / 監督:山本靖貴 / キャラクターデザイン:田中紀衣 / メインアクション作監:楡木哲郎 / 美術監督:市倉敬 / 色彩設計:長尾朱美 / 編集:渡邉千波 / 撮影監督:武原健二 / 音楽:ジェイムス下地 / アニメーション制作:GONZO / 制作:NAS

キャスト

潮 火ノ丸:阿部 敦 / 小関信也:落合福嗣 / 五條佑真:熊谷健太郎 / 國崎千比路:佐藤拓也 / 三ツ橋 蛍:村瀬歩 / 辻 桐仁:寺島拓篤 / 五條礼奈:小松未可子 / 堀 千鶴子:田辺留依 / 久世草介:武内駿輔 / 狩谷 俊:吉永拓斗 / 四方田 尽:杉山紀彰 / 澤井理音:八代  / ダニエル・ステファノフ:冨森ジャスティン / 沙田美月:石川界人 / 金盛 剛:木村 昴 / 荒木源之助:浪川大輔/ 真田勇気:嘉人 / 間宮圭一:松川裕輝

あらすじ

潮火ノ丸は高校進学前の部活見学に向かう途中の電車内で痴漢に遭っていた女子高生を助けるも下半身はまわしのみという格好のため誤解されてしまう。紆余曲折を経て当初の予定を大幅に遅れて、ようやく昼頃に到着した高校で早速相撲部の練習の音を聞きつけ、練習に飛び入り参加する火ノ丸。そこで練習していた先輩である小関信也に対し、自分は横綱になるものであると宣言する。言葉に違わぬ火ノ丸の鍛え上げられた体と対峙したときの圧に信也はたじろぐ。火ノ丸と取組を演じた信也はこれほどの強さであればさぞ大会でも活躍していたのだろうと問うも大会には出場していなかったと火ノ丸は言う。

f:id:mochirixi:20181006001642j:plain

道場を見に行きたいという火ノ丸だったが、信也はあまり行きたがらない様子。実際に道場を覗いてみるとそこは不良の溜まり場と化していた。道場の床にガムを吐き捨てた不良に対し、道場を汚すなと一喝する火ノ丸。掴みかかろうとする不良だったが、逆に容易く火ノ丸に組み伏せられる。

そこに不良のリーダー格である五條佑真が訪れる。佑真と火ノの間に信也が割って入りなんとかその場を離れる火ノ丸と信也。その後、実はこの高校は当初の目的とは違う大太刀高校であったことがわかり、入部希望者でなかったとがっかりする信也。しかし、火ノ丸は手作りの土俵の出来や先ほどの一番から信也の相撲への情熱が相当なものであるとわかったと称賛する。

火ノ丸は本来の目的地であった石神高校へ向かうもやはりうまく到着できず、結局大太刀高校へ戻ってきてしまう。そこで目にしたものは、不良達によって荒らされ果てた土俵であった。その光景に涙ながらに相撲を諦めようとする信也の姿を見た火ノ丸は不良たちに激昂する。不良たちと決着をつけるという約束を取り付ける火ノ丸。日ノ丸に対し、決闘などやめろと忠告するつもりが身長のことを指摘してしまう信也。横綱どころか大相撲の力士の規定の身長にすら火ノ丸は満たなかった。

火ノ丸に帰れと言い、不良たちのもとに一人で頭を下げに行く信也。火ノ丸を許してやる条件として相撲をやめろと言われる信也。二度と相撲はやらないと言う寸前で、そこに火ノ丸が現れる。

f:id:mochirixi:20181006001435j:plain

佑真の言う決闘とは、一方的に10分間無抵抗で殴られるという理不尽極まりないものであった。それでも構わないと言う日ノ丸。一発殴りかかる佑真だったが、まったく微動だにしない火ノ丸。決闘の噂は学校中をすぐに駆け巡り、野次馬が群がる。10分どころか、15分殴られ続けた火ノ丸だったが、涼しい態度を崩さぬままであった。無抵抗の時間は終わり、攻勢に転じた火ノ丸のぶちかまし一発で佑真は吹き飛ばされ、のびてしまう。

f:id:mochirixi:20181006001451j:plain

そして信也は火ノ丸が3年前の小学生相撲で2連覇を達成した、鬼の強さと恐れられた「国宝・鬼丸国綱」であることを理解する。佑真との決闘を制し、道場は相撲部へと返還された。時は少し流れて春、部活動の勧誘活動をする信也。誰も入部希望者を捕まえられず、道場へ戻るとそこにはあの火ノ丸の姿があったのだった。

f:id:mochirixi:20181006001706j:plain

感想

文句ない王道の1話でした。掴みは完璧に近い。さすがジャンプでアニメ化に至るような漫画です。一応深夜帯にあたるような時間での放送ですが、夕方あたりが適切な放送時間のように思いますね。まあ枠の確保が難しいのでしょう。

最近のジャンプ作品は一見して才能がありそうな主人公は描かない傾向が強いです。ハイキューやヒロアカ、ブラクロなど実際はともかく見た目的にすごく強そうな主人公ではありません。昔は一目で強そうな主人公も多かった気がしますが、最近はほとんど見当たりませんね。

今回の火ノ丸相撲の主人公も新弟子検査の規定の身長より遥かに身長が低いという設定。まあこの新弟子検査の身長の基準はけっこうガバガバっぽいですが。身長に反して圧倒的に強い主人公は見ていて爽快です。現実的に考えるとここまで上背がなく強いというのはまず考えられない。それに取っているのは技術で戦う相撲ではなく、まさしく横綱相撲です。しかしながら漫画の表現としてはこのくらいのケレン味があったほうが好ましい。ジャンプのスポーツ漫画ということで女性人気が出そうな作品でもありますが、さすがに相撲だと難しそうですね…

主人公を演じているのは、先日まで『プラネット・ウィズ』でも主人公を演じていた阿部敦。個人的に『プラネット・ウィズ』での大人と子供のときの演じ分けが見事だと感じたので、プロ力士になってからの物語もあるこの作品にはぴったりです。まあそこまでは描かれなさそうですが。脇を固めるのはふくしくんこと落合福嗣。本人が大柄だけあって、恰幅のいい役にはマッチングが素晴らしいです。名前だけが先行していましたが、すっかりプロの声優として成功してます。

そしてOPとEDですが、本編との相性がよく考えられていて、今どき珍しい泥臭いアツさのようなものが感じられて好印象でした。