かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ゲーム実況主アブさんが引退に至った理由は?復帰の可能性は?

有名ゲーム実況主のアブさんがYouTuberを引退すると宣言した。アブさんはニコニコ動画の頃から有名ゲーム実況者として活躍し、YouTubeに移ってからもチャンネル登録者数130万人に達する日本のトップクラスのゲーム実況者となっている。引退を発表した動画は次の動画である。


動画では引退の理由をすべての動画に広告がつかなくなったためとしている。ではなぜ動画に広告がつかなくなったのだろうか考えたい。

広告に適さない動画とは

YouTubeガイドラインで「広告に適さない動画」というのが明示されている。それによると

  1. 物議を醸す問題やデリケートな事象
  2. 薬物や危険物質の描画や助長
  3. 有害または危険な行為
  4. 不快なコンテンツ
  5. 不適切な表現
  6. 家族向けのキャラクターの不適切な使用
  7. 炎上目的、侮辱的
  8. 性的内容を示唆するコンテンツ
  9. 暴力的

1は政治的な内容や戦争などに関するコンテンツ、3は暴力的行為、4はヘイトスピーチなどに関する項目、5はエルサゲートと呼ばれる子供向けの動画を装って暴力的な動画を見せるコンテンツである。

この中には、特にアブさんが抵触したような項目はないように思う。唯一、9の暴力的な動画というのは「背景となるコンテキストが特になく、血、暴力、けがのみが動画の中心となっているコンテンツ」となっているが、ゲーム実況の場合は、「ゲームプレイの動画に一般的に含まれる暴力表現は広告掲載の対象として通常許容されます」とも書いてあるので問題ない。ただし暴力シーンのモンタージュなどは違法となる。ざっと見たところ、そのような動画はないように思うがタイトルが若干扇動的なものが多く気にはなる。

本人は「世界一健全なチャンネル」と言っているが、まあそんなことはない。おかしいマリオシリーズなどは下品なサムネになっているし、そういうものが積み重なってきたとも考えられる。ただ、もしこれらに抵触したとしても広告を止められるのは、その動画のみなのでチャンネル丸ごと全部アウトというのはあまりない。よっぽど悪質な場合にはチャンネル丸ごともあり得るが。

もう一つ気になるのは、ゲーム実況に関する著作権の問題で、基本的には企業がアップロードしていいとされるものしか動画を上げてはいけない。広告の審査時には著作権に違反していないかのチェックがある。アブさんは過去に動画を著作権違反でいくつか削除されたこともあるので、そういうところで問題があったのかもしれない。さらに本田翼の画像をサムネイルで修正なしにアップしているし著作権についてあまり深く考えていなかったのではとも思う。

復帰の可能性は?

ただ、いくらなんでも一発アウトというのは考えられない気もするので、YouTube側のミスということも考えられる。しかし動画でアブさんは再審査申請した後も手動で弾かれているらしいので、本当にアウトなのかもしれない。広告が再開されたら復帰するとは答えている。KAZUYA Channelという政治系YouTuberは一回BANされた後、数日後復活している。他のゲーム実況者も広告が一回消された後、数ヶ月後に復活していると語っている。復帰の可能性は全くないわけではない。

一番戦々恐々としているのは他のゲーム実況者だろう。そもそもゲーム実況というものが著作権スレスレのリスクのある行為なので覚悟を持ってやるべきなのかもしれない。

※ 画像は該当動画のキャプチャー