かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ぼくのかんがえたさいきょうのラストアイドル2期生メンバー

ラストアイドル3rd Seasonが佳境を迎えて、もう立ち位置1番の暫定メンバーの橋本桃呼さんと挑戦者の白石真菜さんの対戦を残すのみとなり、大部分のメンバーが決定した。ラストアイドル第2期生の正式メンバーは以下の通り。

  • 1番 橋本桃呼(暫定)
  • 2番 水野舞菜
  • 3番 田中佑奈
  • 4番 篠田萌
  • 5番 佐佐木一心
  • 6番 山本琉愛
  • 7番 町田穂花
  • 8番 延命杏咲実
  • 9番 大場結女
  • 10番 畑美紗起
  • 11番 下間花梨
  • 12番 栗田麻央

しかし私はこのメンバーにあまり納得していないメンバーを応援する気持ちはないのか!と批判されるかもしれないが、自分の理想のラストアイドルは違うという気持ちに嘘はつけない。もちろんこのメンバーを応援したいし頑張ってほしいという気持ちはあるものの、それとは別に私の応援していた女の子達が軒並み落とされて、すごく悶々としている。ということで、「ぼくのかんがえたさいきょうのラストアイドル」を発表したい。

私が勝手に選んだメンバーについて、おかしいというご批判は甘んじて受けるが、私の独断と偏見で選んだものなので、その点を了承いただければと思います。なお、握手会などの個人的なものではなくテレビ放送やSNSなどの公に提供されている情報のみで決めたいと思います。

僕の考えた最強のラストアイドル2期生

グループ人数について

まずグループの人数についてなのだが、12人はやはり多すぎると思う。あまりメンバーが多すぎるとオーディションを勝ち抜いた精鋭というイメージが薄くなるし、ラストアイドルの初期の「究極のアイドル」という番組コンセプトからも外れてくる。

やはり1期生の7人くらいがちょうどいいだろう。1期生はバランスよく入れ替えバトルを戦ったが、2期生は人数も多かったせいか、戦わずして正式メンバーとなった子も2人*1いるし、戦ったもののダイジェストで、テレビを観ているだけでは、どんな子なのか視聴者にはよく分からないままの子*2もいる。

ただし7人となった場合は、「愛しか武器がない」の2組に分かれて戦うような振り付けが上手くいかないし、Wセンターというコンセプトも崩れてしまう。ただやっぱり私はアイドルはWセンターよりもワントップの方が好きなので選ぶメンバーは7人にしたい。「愛しか武器がない」の歌自体も別に2組に分かれてダンスしなければならないような歌詞ではないと思っている。

メンバーについて

センター

そのアイドルユニットの顔となるセンターを誰にしようか迷ったのだけど、橋本桃呼さんを推したい。現在の暫定メンバーでもセンターになっているが、彼女はやっぱり人を惹きつけるような力があると思う。歌い方のクセがすごいのも、むしろ強みのように感じる。そして多分彼女はセンターじゃないとラストアイドル自体を辞退するんじゃないかと思うので、それは勿体無いし、ぜひセンターにいてほしい。

立ち位置2番、3番


センターを支えるポジションの2番と3番は、加藤ひまりさんと篠原望さんにお願いしたい。加藤ひまりさんは、入れ替えバトル第13戦の欅坂46の「不協和音」のパフォーマンス云々よりも、アイドル全体のことを考えて強かに自分のやるべきことをやるしっかりした女性は、ラストアイドルというグループの将来を考えても必要だと思う。女性人気も集めそう。

篠原望さんは「愛しか武器がない」の「僕は無抵抗だ」の睨みが一番彼女にマッチしている。楽曲では怖い印象にもかかわらず、素の様子はすごく可愛らしい女の子で、それにギャップ萌えしてしまった。ただ橋本さんが篠原さんに挑戦した時点で絶対成立しないメンバー構成なのだが、この2人が同じグループにいるのが見たかった。

立ち位置4番、5番

立ち位置4番は木崎千聖さん(崎は異体字)、立ち位置5番は田中佑奈さんを選んだ。木崎千聖さんは私がずっと推してるので外すわけにはいかない。とにかく可愛いは正義だし、tiktokTwitterなどでのプライベートっぽい動画や写真でもっと好きになってしまった。

田中佑奈さんは中学1年生ながら物怖じしない性格で、堂々としたアイドルオーラを持っていると思う。ダンスにもすぐ順応したりポテンシャルの高さを窺わせる。まだ13歳ということもあり、(ほぼ完成しているかもしれないほど大人びてはいるが)これからの成長が楽しみ。第20戦での緊張が切れて安堵の涙を見せた姿にもグッときた。

立ち位置6番、7番


立ち位置6番と7番には、奥村優希さんと高橋美海さんを選んだ。奥村優希さんは、単純にビジュアルが可愛いし、けっこう毒舌というかはっきり言う子だなと思うので、こういうキャラクターが1人いても面白いのではないか、と思う。また最年長になるのでみんなのお姉さん役のような感じを期待したい。橋本桃呼さんもきっと喜ぶ。

高橋美海さんもビジュアル重視で、すごい線の細いか弱そうな雰囲気で、守ってあげたいと思わせる天性のものを持っていると思う。世間的な人気も高いし、未だに高橋美海待望論というのが囁かれているのでメンバーにいるときっとラストアイドル自体の人気も高まっていくのではないかと思っている。

まとめ

以上より「ぼくのかんがえたさいきょうのラストアイドル2期生」は

  • 1番 橋本桃呼 (15)
  • 2番 加藤ひまり (19)
  • 3番 篠原望 (21)
  • 4番 木崎千聖 (15)
  • 5番 田中佑奈 (13)
  • 6番 奥村優希 (22)
  • 7番 高橋美海 (18)

にしました。賛否(主に否が多いかもしれませんが…)あるかもしれませんが、このブログの戯言だと思ってください。繰り返して言いますが、現在のメンバーのこれからの活躍を応援しています。

*1:篠田萌さん、延命杏咲実さん

*2:町田穂花さん