かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

【アナデン】アナザーエデン運営がガチャの不正な確率操作を認め謝罪、補填内容は?

先日から問題となっていた「アナザーエデン 時空を超える猫」のガチャの不正確率操作問題だが、この度、運営元のWright Flyer Studiosが不正な確率操作を認め謝罪するに至った。

不正確率操作問題に関しては以下の記事に発覚した経緯などについて詳細に書かれているので参考にしていただきたい。簡単に書くと、バグにより10分程度の特定の時間帯のみで星5と星5に進化可能なカードのみがガチャから排出されるという現象が発生。そのバグに関しては謝罪したものの、ロールバック等は行わずガチャ一回分の課金石を補填したが、当然ユーザーの不満は高まった。

さらに、そのバグ内において星5の出現確率が極めて高い状況にあったにも関わらず、星5が最大3枚しか排出されなかったことから、通常時でも星5が3枚までしか排出されないのではないかと疑惑が深まっていた。

ガチャの不正確率操作内容

今回、Wright Flyer Studiosが認めたガチャの不正確率操作は以下の通りである。

その結果、以下のとおり、2つのプログラムが組み込まれていることが判明いたしました。


1.発生期間:2017年5月12日〜現在
夢見の10連において、同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選される


2. 発生期間:2017年6月29日〜現在
夢見の10連において、★5クラスの仲間が4体以上含まれる場合に再抽選される

過去の記事で指摘していたのは後者の方だったが、今回有料の10連ガチャにおいて同じ仲間が4体以上含まれる際に再抽選されるという操作もあったことが明らかになった。つまり同じカードは3枚までに制限されていたということである。このプログラムが組み込まれた経緯について以下のように説明している。

1.
「★3クラスの仲間が極端に重複して排出される」とのお問い合わせにより、確率としては発生する可能性はあるものの、お客様の不利益に繋がると危惧し、暫定措置として「同じ仲間(同一ID)が4体以上含まれる場合に再抽選が行われる」プログラムを実装した


2.
「★5クラスの仲間が大量に排出される」とのお問い合わせにより、調査をおこなった結果、原因特定に至らなかったが、ゲーム内の公平性を維持することを目的に、暫定措置として「★5クラスの仲間が4体以上含まれる場合に再抽選が行われる」プログラムを実装した

1はまだ実装した理由が分からないでもないのだが、2は明らかに理由になっていない。まず「★5クラスの仲間が大量に排出されるというお問い合わせ」をするユーザーはいるのだろうか?

追記:このことかもしれません

このツイートが2017年6月26日で、ガチャの確率操作が始まったのが同年の6月29日なので時期的に一致している。星5で埋め尽くされた結果の画像を見て不正操作を始めたのかもしれない。

さらにその措置として星5を3体に制限することは、ゲーム内の公平性には特に関係がない。なぜなら本当に確率通り排出されているのであれば、ユーザー間は公平性が保たれているからである。むしろ制限することで、より課金している人のみが不利益を受ける確率が高くなるだろう。

そして何よりも、ゲーム内に記載されていた確率以下の排出率であるから、景品表示法による優良誤認に該当する。(※コメントで、確率の差が小さく優良誤認には該当しない可能性が高いとの指摘を受けました。)

追記(9/20):アナデン運営が調査したところ実際との確率とのズレはないと発表されました。

ゲーム内で表記している確率と実際に取得された仲間の実績値を比較した結果、以下の通りでした。
・★5:表記3.31%のところ、実績3.31%(差分なし)
・★4:表記20.39%のところ、実績20.45%(+0.06%差)
・★3:表記76.29%のところ、実績76.23%(-0.06%差)
※小数点第三位以下 切り捨て
※直近1ヶ月間のお客様による夢見の実施履歴から調査
※各クラスの表記排出確率は直近1ヶ月(8/14〜9/18)に販売された各夢見における確率を総計し算出

ガチャ不正操作に対する対応

このガチャ不正操作を受けてWright Flyer Studiosは対応を発表している。

この度このような事態が判明したことを受け、本事案を重く受け止め、上記仕組みの撤廃と夢見に関するプログラムの全面的な入れ替えをおこなわせていただきます。
上記に伴い、全ての夢見の停止およびクロノスの石の購入を停止させていただいております。
(※2018年9月19日16:00追記)なお、チュートリアル中の「はじめての出逢い編」および「星の夢のかけらで出逢う」については引き続きご利用いただけます。

まあこれは当然だろう。ユーザーにとって最も重要なのは補填およびロールバックだろうが、それに関しては以下のように記載されている。

補填内容
対象:緊急メンテナンス実施前にプレイされていたお客様
・お詫び内容:クロノスの石 10,000個、星の夢のかけら×1、緊急メンテナンスに対する(キー紛失分)お詫び クロノスの石 200個


対象:2017年5月12日〜現在までに10連の夢見をご利用され、1.の再抽選がおこなわれたお客様
・お詫び内容:1.の再抽選がおこなわれた回数×「クロノスの石 1,000個」


・対象:2017年6月29日〜現在までに10連の夢見をご利用され、2.の再抽選がおこなわれたお客様
・お詫び内容:2.の再抽選がおこなわれた回数×「★5確定チケット×4枚」


・対象:2018年9月13日19:25〜19:38 期間に★3、★4が上限のキャラクターが抽選対象データから欠損した夢見をご利用されたお客様
・お詫び内容:クロノスの石×1,000個


・対象:2018年9月13日11:30〜2018年9月18日21:25までの期間に夢見をご利用され上記以外の抽選結果だったお客様
・お詫び内容:★5確定チケット×3枚、★4.5(※1)確定チケット×7枚

わかりにくいので箇条書きにするが

  1. 緊急メンテナンス前にプレイしていたプレイヤー全員に「クロノスの石 10,200個、星の夢のかけら×1」
  2. 同じキャラが4枚以上出たときがあり再抽選となったプレイヤーに「クロノスの石 1,000個を再抽選回数分」
  3. 星5が4枚以上出たときがあり再抽選となったプレイヤーに「★5確定チケット4枚を再抽選回数分」
  4. バグ期間中にガチャを回したプレイヤーに「クロノスの石 1,000個」
  5. 2018年9月13日11:30から課金ガチャを回したがバグの恩恵を受けられなかったプレイヤーに「★5確定チケット×3枚、★4.5確定チケット×7枚」

である。

ロールバックに関してはシームレスなオートセーブ機能により技術的に不可能とのことで補填での対応となった。この補填内容は、不公平がないようにはできているとは思うのだが、バグだと聞いてガチャを回さなかった人には補填がされないのも可哀想に思える。結局ロールバック以外は、絶対に公平な対応はありえなかったので、この対応に関しても不満が募る人が出るのは避けられないだろう。

まとめ

今回、Wright Flyer Studiosが不正を全面的に認めて謝罪したことに対しては真摯な対応だったと言えるだろう。ただその経緯に関しては、納得できないところも残っており、ロールバックができないこともゲームに対する不信感が拭えない。

また実際に行っていたことは詐欺同然のものであるので、返金祭りに発展することも考えられる。何より気になるのが、このようなガチャの不正が本当にアナザーエデンだけなのかということである。Wright Flyer Studiosの他のゲーム「ららマジ」や他社のゲームにも実は組み込まれていてこれは氷山の一角ではないかと業界全てを疑いたくなってしまうのも仕方のないような問題だ。