かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20180913144440j:plain f:id:mochirixi:20180913150252j:plain f:id:mochirixi:20180913150300j:plain

『仮面ライダージオウ』の主題歌はISSAではなく西川貴教が歌うはずだった?

先日から放送がスタートした『仮面ライダージオウ』ですが、主題歌の発表が例年よりも遅い時期、9月2日の初回放送の直前である8月30日に情報が公開となっていました。

平成仮面ライダー20作品記念番組ということで、主題歌に対しても特別な仕掛けが用意されていて発表が遅くなったのだと思っていましたが、実際は主題歌を担当する歌手が急遽変更になった関係上、発表が遅れたというのが真相であると現在は見られているようです。

主題歌「Over “Quartzer”」


【OFFICIAL】Shuta Sueyoshi feat. ISSA / Over “Quartzer”

こちらの主題歌は『仮面ライダー電王』の主題歌を担当していたAAAのメンバーである末吉秀太と『仮面ライダー555』の主題歌を歌っていたISSAがタッグを組んだ楽曲になっています。

しかし、本来であればこの楽曲は末吉秀太西川貴教が歌う楽曲であったようです。主題歌を西川貴教が歌うはずだったという事実は、制作発表時のPVで流れていた楽曲の歌唱が西川貴教であったことと、『仮面ライダージオウ』の主力商品である変身ベルト「ジクウドライバー」の取扱説明書から判明しました。

仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバー

仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバー

 

制作発表時の映像は、東映特撮ファンクラブのアーカイブから以前は確認ができたようですが、さすがにまずいと思ったのか現在は当該部分は削除されており確認はできないようです。

そしてもうひとつの変身ベルトの取扱説明書の記載ですが、これはもはや動かぬ証拠であり、誤植ではまずありえないのでごまかすのは不可能というレベルでしょう。

 

なぜ西川貴教からISSAへの変更が行われたのか?

8月7日の制作発表時点で使われていた楽曲が、その約3週間後の本放送では変更になるというのはいくらなんでも急過ぎる。1年を通して最も売れるTOYアイテムである主役ライダーの変身ベルトにも、間違った情報を載せたままにするしかなかったというのはよっぽどの事情があるのではないかと推察されます。

一応可能性として考えられているのは、それぞれのアーティストが所属する音楽レーベルが違うという問題です。末吉秀太の所属するAAAはエイベックスの主力を担う存在です。そして西川貴教から変更され、白羽の矢が立ったISSAの所属するDA PUMPもエイベックスに所属しています。しかし西川貴教が所属する音楽レーベルはソニー・ミュージックです。ここでなんらかの問題が生じたのでは?と考えられているようです。まあそんな当然のことを調整していないとはあまり思えませんし、過去にはレーベルの違うアーティストともコラボしたことはあるので、なんとも言えませんね。

東映側からなんらかの説明がない限りは真相は明らかにされないと思いますが、変身ベルトの取扱説明書にデカデカと記載がありますので、シラを切り通すというのはおそらく無理でしょう。はっきりとした説明を待ちたいと思います。

しかしながら、仮面ライダーへの参加を明言したわけではありませんが、西川貴教本人が仮面ライダーシリーズへの参加は持ち越しになっただけで、立ち消えになったわけではないとも解釈できる旨の発言をしていますので、今回の主題歌はお流れになったとしても、この先仮面ライダーシリーズへの参加をなんらかの形で果たしてくれるかもしれません。もしかしたら『仮面ライダーエグゼイド』での貴水博之のような活躍が…?