かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20180913144440j:plain f:id:mochirixi:20180913150252j:plain f:id:mochirixi:20180913150300j:plain

『仮面ライダージオウ』の主題歌を担当するのは誰なのか?

先日『仮面ライダービルド』が最終回を迎え、9月2日からは平成仮面ライダー20作品記念作であり、平成最後のライダーとなる『仮面ライダージオウ』が放送されます。

仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバー

仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバー

 

しかし、未だにその主題歌については発表が行われていません。例年通りであれば、制作発表会の段階で主題歌についても情報が出されていたように思いますが、放送が間近に迫った現在でも未だ主題歌は明らかにされていません。

仮面ライダージオウとは

仮面ライダージオウ』は特別な作品です。20作記念番組ということで、それに合わせ、通常のシリーズにはなかった工夫が多く見られる作品になっています。10作記念作である『仮面ライダーディケイド』でもパラレルワールドとして過去作を取り扱うという独自の設定が見られましたが、今作ではそれを更に発展させ、時空を旅することで過去作の完全なオリジナルキャストを登場させるという試みが行われます。現在は、過去2作(『仮面ライダービルド』、『仮面ライダーエグゼイド』)のオリジナルキャストが登場することが判明していますが、それ以外の作品についてはまだ明言されていません。


平成仮面ライダー20作品記念 仮面ライダージオウプロモーションムービー

 

特別な試みが見られる作品ですので、主題歌についても何か特別な仕掛けをしてくれているのでは?ということが考えられています。

主題歌は誰が歌うのか?

現在有力視されているのは、過去『仮面ライダー555』で主題歌を担当したISSAがまた主題歌を担当するという説です。放送にピッタリ合うような時期に新曲を発表するとツイートしています。

 ISSAが所属するDA PUMPは今年「U.S.A.」という曲でブームを巻き起こしましたし、ISSA本人も熱心な仮面ライダーシリーズのファンであり、これまでに仮面ライダーの主題歌を担当しており、適任なのではないでしょうか。平成最後の夏と言っているのも、平成ライダー20作記念作にして平成最終作となる『仮面ライダージオウ』を示唆しているように感じられます。

 

一応ISSA以外にも『仮面ライダーエグゼイド』で怪演を見せ、ここ2作の挿入歌を担っているaccess貴水博之も候補として考えられたりしているようですが、やはりISSAという説のほうが濃厚でしょう。

Gimmick Zone

Gimmick Zone

 

 

そして未知の大物を起用する可能性も考えられます。安室奈美恵と比較されることが多く、現在はあまり輝きを放っているとは言えない浜崎あゆみが新たなファン層獲得のために、仮面ライダーの主題歌を担当するのでは?という考えもあったりします。テイルズシリーズで主題歌を担当していますので、仮面ライダーに起用というのもありえなくはない気が。

 

決め手があるわけではありませんので、まったく違った歌手が担当するかもしれません。むしろそのほうが可能性がありますが…いずれにせよ放送が始まれば、耳にすることになるでしょう。かなりもったいぶられている気がしますが、今からどのような曲になるのか楽しみです。

追記

主題歌を担当するのはやはりISSAで間違いありませんでした。しかしISSA1人なのではなく、『仮面ライダー電王』の主題歌を歌ったAAAのメンバーである末吉秀太とのユニット「Shuta Sueyoshi feat. ISSA」で担当するとのこと。

『仮面ライダージオウ』主題歌はISSA×AAA末吉秀太、555×電王のスペシャルユニット | マイナビニュース

時空を旅するというコンセプトは『仮面ライダー電王』と共通ですので、主題歌を担当していたAAAのメンバーが再び起用されているのかもしれません。

楽曲のTVサイズ公式動画がアップされていました。


【OFFICIAL】Shuta Sueyoshi feat. ISSA / Over “Quartzer”

近年の主題歌と比較すると高揚感があまり強くなく、落ち着いた印象を受けます。しかし朝という時間帯には非常に相応しい爽やかなイメージの楽曲に仕上がっているのではないでしょうか。

またオリジナルキャストの出演についても『仮面ライダー555』のメインの仮面ライダーである、ファイズとカイザの変身者であった半田健人村上幸平の出演情報がこの度解禁となっています。第5話と第6話ということでかなり早い段階で出演するようです。1,2話がビルド、3,4話がエグゼイド、そして5,6話が555という構成になるのではないでしょうか。時系列の逆順を完全に守って時空を遡るのかと勝手に思っていましたが、どうやらそうではないようです。