かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『プラネット・ウィズ』8話感想 - 心を鬼にする紅華、天使になるのぞさん

2018夏アニメ『プラネット・ウィズ』8話「力、己にこそ宿る」感想です。

前回あらすじ

宗矢の夢の中ー、かつて高い軍事力で他星の侵略をつづける惑星シリウスの魔の手は、銀子の故郷、惑星リエルにまで伸びていた。このシリウスの行いは、ネビュラ政府の武力を担う龍の逆鱗に触れ、シリウスは惑星ごと滅ぼされてしまう。穏健派のリーダーである先生は、シリウスの生き残りである宗矢に愛情を教えることで、シリウス人にも共生の道があったと証明することを決意する。戦いを終え、日常生活へと戻った宗矢の前に、白石こがねを名乗る転校生があらわれる。

第8話あらすじ

封印派についた紅華は虎居さんに封印派に入らないかとスカウトに向かう。虎居は小瓶が奪われて力を失ったため役に立たないと言うが、紅華は小瓶はきっかけに過ぎず、力は自分に宿っているものだと告げる。

紅華は閣下と葉介に自分が封印派についた理由を語る。紅華に前の職業は警察官で、入った動機は子供の頃からの憧れの人を追うためだった。入って1年目の冬に、憧れの先輩刑事が少年に殺された。少年は改造銃を所持し暴行強盗などの罪を犯し逃走しており、先輩が説得のため両手を上げて近づいたら撃たれた。少年の周りの関係者はそんなことするような子じゃなかったと言い、少年本人は銃を持ったら無敵になれた気がしてやった、夢の中にいるみたいだったと供述した。これをきっかけに紅華は、力への根本的な憎悪を感じ、さらに熊代が暴走したことから普通の人間だと思っていた自分の中にも暴走する因子が入っていると怖くなり、グランドパラディンを抜けたが、一度手に入れた力を手放すことができなくなり封印派についたと語った。閣下はそんな紅華に封印装置を手渡す。

一方、宗矢はのぞさんにデートに誘われる。水族館に向かうも、戦闘のせいで休館。宗矢は自責の念を感じるが、のぞさんは宗矢は街を救ってくれたと言い張り、気を取り直して公園や海岸でデートをする。
宗矢「なんか…のぞさんって良いやつだな…

その様子を監視していた白石こがねは嫉妬心もあり、デートを邪魔しに現れる。色仕掛けで宗矢を誘惑しようとするが、子供の宗矢には刺激が強過ぎ、些細な違和感を感じ取り、こがねの変装を見破る。

そこに封印装置と紅華が現れる。こがねは宗矢に戦わないのか?と聞くが、宗矢は自分の復讐は終わったんだと拒否し、戦ってもシリウスは救えないと涙を流す。
宗矢「個人的な問題なんだよ!地球なんか知るか…どうせ俺の星はもうないんだ。俺の街はもうないんだ…兄ちゃんはいないんだ!
宗矢「もう全部ないんだ…いないんだ!みんなみんな全部!いないんだよお…
宗矢の想いに触れたのぞさんは、宗矢を守るとこがねの前に立ちはだかる。
のぞみ「帰ってください!黒井くんは今まで街を守りました!守るためじゃなくても戦ってくれました!今度は私が黒井くんを守ります!
のぞみ「もう戦わなくていいよ。つらかったね…ごめんね。

そこに通りかかった虎居。虎居はネビュラソルジャーだった宗矢に戦わないのかと尋ねる。戦わないと答える宗矢の頭を撫で、自分が代わりに戦うと宣言する。
虎居「なぜ戦わない?復讐はもういいのか?
宗矢「もういい…戦いたくない。」
虎居「分かった。よく言った。俺がやる!

小瓶なしに自身の力のみでサイキックを発動させ、念動巨神装光に乗り込む虎居。紅華と対峙し、紅華の憧れの兄に似た真っ直ぐな正義感の虎居の思いに紅華は破れる。
紅華「乙女の腹の中探るもんじゃないぞ!
虎居「乙女ってガラかよ!
紅華「ガラだよ!

宗矢の元には、再び楽園の民が現れる。楽園の民は、上位次元に進化して肉体を超越した宇宙最後の知性種族で、ネビュラ創設にも関わった伝説の種族、と先生は言う。兄の姿をした楽園の民は、月の後ろにシリウスを襲った龍がまだ生きていると宗矢に告げる。

感想

前回の感想で、宗矢の戦う意味はどう見つかるのか?また見つからないのか?と言いましたが、地球人である、虎居さんが紅華に対峙するとは思いませんでした。そして、地球の運命が地球人ではなくシリウス人と着ぐるみ族に懸かっているとも書いていましたが、地球人もサイキックに徐々に目覚め、地球人が地球を守るという展開も考えられます。

まだドロップアウトしたと思われて居た晴海や美羽がどっちに着くかも分かりません。地球人がサイキックに目覚める云々と今まで語られていたのに、この展開を予想できなかったのは不覚というか、想像を超えてくる展開に単純に興奮しました。

そして楽園の民によれば龍は生きていると言います。龍は確かに「死刑」というセリフが7話では使われていましたが、正確には時空追放刑に処されているはずで、3話で銀子が「シリウス人と地球人は…」と何かを言いかけてやめたところも、シリウス人と地球人に共通の何かがあることは明らかでしょう。空間的に追放されたわけでなく、時空を追放されたというところにポイントがあると思っているのですが…

あらすじには私の好きなセリフや掛け合いを書き起こしておきました。他にもたくさんあるのですが、あまりに長すぎると冗長なので、この辺で。