かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ラストアイドル3rd Season 2018年8月25日感想(橋本桃呼 vs 篠原望)

ラストアイドル第2期メンバーの入れ替え戦。今回は入れ替え戦の第15戦になります。第2期生の夏合宿により、先に挑戦者が紹介されています。奥村優希、高木美穂、橋本桃呼の3人の挑戦者のうち、今回は橋本桃呼さんの勝負になります。

橋本さんは仮指名でもセンターの篠原望を指名していましたが、本指名でも同じく指名するようです。予告では衝撃のドラマがあるようですが…

2期生入れ替え戦のこれまでの結果

2期生入れ替え戦のこれまでの結果を置いておきます。

現メンバー 挑戦者
畑美紗起 4-0 岡村茉奈 ×
水野舞菜 2-2 本城珠莉亜 ×
山本琉愛 4-0 高橋みのり ×
町田穂花 3-1 永井穂花 ×
× 河田梨帆 2-2 栗田麻央
× 高橋美海 2-2 田中佑奈
× 小田中穂 0-4 下間花梨
木崎千聖 4-0 岩間妃南子 ×
山本琉愛 4-0 大場結女 ×
上水口姫香 4-0 米田みいな ×
× 木崎千聖 3-1 佐佐木一心
山本琉愛 4-0 宮田有萌 ×
水野舞菜 1-3 加藤ひまり ×
佐佐木一心 3-0 奥村優希 ×

入れ替え戦第15戦(橋本桃呼vs篠原望)

橋本桃呼のプロフィール


・15歳
山口県出身
アイドル好きの姉のの影響でアイドルに憧れ、ハロプロ研修生として4ヶ月間レッスンを受けた経験を持っています。元ハロプロ候補生だけあって挑戦者が発表されたときからかなり注目されていました。

姉のように慕っていた奥村優希の敗北に涙を流すシーンは、彼女の強いイメージからは意外でした。しっかりしてても15歳の女の子なんですよね。センターを指名した理由は、アイドルになるなら絶対センターとのこと。夏合宿のときは、間島和奏阿部菜々実のセンター交代劇を見て、阿部菜々実さんの凛とした姿に惹かれてアイドルになるにはセンターになりたいと思ったからとも答えていました。

披露する曲はこぶしファクトリー「明日テンキになあれ」

以前ハロプロオーディションを受けた時にこぶしファクトリーのファンと言っていたので選曲したのでしょう。パフォーマンスは迫力があります。腹から声が出ていて、キレのあるダンス。ただ、癖の強いヌルヌルした歌い方が個人的には好きじゃないです。完成されているというかハロプロ魔改造されたような印象。

篠原望のプロフィール

・21歳
・千葉県出身
・身長161cm
・大学4年生
・特技はテナーサックス。

今回初バトルです。ラストアイドル1期生のオーディションでは書類落ちしています(他にもAKBや22/7などのオーディションも落選しています)。試合前から夏合宿で橋本桃呼さんの「愛しか武器がない」のパフォーマンスに圧倒されて、自分の負けを予感していたのか涙を流していました。

「今、21歳で人生の分岐点にいるが、選んだ道が正しかったと言えるように精一杯のパフォーマンスをして、この対決を見てよかったなと思えるように頑張る」と宣言しますが、この時もすでに目には涙を溜めていました。


披露する曲は松浦亜弥桃色片想い

歌唱力は低くないと思います。ただ泣きそうになって声が震えてるのが見てて辛い。この曲好きなんだろうと思うんだけど、無理に明るい可愛い曲を選ばないほうがよかったんじゃと思ってしまいます。それに「桃」色片想いはね…

勝者

審査員は竹中夏海勝者は橋本桃呼。1-2での勝利でした。まあセンター交代は結構話題になるので番組的にも一回ありそうだなというのは薄々感じていましたが…

楽曲披露


多少まごつくことがあったがしっかり踊れているのは流石。てか佐佐木一心さんが今までネットでブスブスって言われ続けてきてましたけど、最近あんまりそんな風に見えなくなってきました。成長したということなんでしょうか?

感想

吉田豪も言ってましたが、「スタイルのいいハロプロ好きがセンターに勝負を挑む」という構図は間島和奏阿部菜々実と同じで、奇しくも結果も同じになりました。審査員の「ラストアイドルがものすごい人数のグループに見られるようになったときに人目を引くパフォーマンスをできるのは橋本桃呼さん」という評価は篠原さんにはかなりグサっとくるものだったでしょう。

穿った見方をすれば、篠原のグループだと言い切ってバランスを考えて加藤ひまりさんを落とした宇野常寛を痛烈に批判した竹中夏海が、篠原さんを落とすことでバランスをぶち壊したという見方もできるかもしれません。ただこれは私の邪推で、竹中さんは実際にラストアイドルのことを考えて選んだと思いますが。

個人的にはビジュアルは断然篠原さんの方が好みです。ただあの圧のあるパフォーマンスは橋本さんに入れてしまう力があります吉田豪はまあともかくマーティが篠原さんに入れたのは少し意外でした。篠原さんは気持ちは分かるのですが、対戦前に泣くのはやめたほうがよかったかもしれません。ただ審査員が吉田豪に当たった場合は、泣いたほうがいいかもしれませんが…

年齢的にもアイドルの道はないかなと思っている」と篠原さんは言っていましたが、そんなことはありません。もし可能ならセカンドユニットに入って欲しいです。アイドルとして活躍する篠原さんを観たいですアイドル声優でもいいですよ。

今回ラストアイドル1期生の出演情報は特にありませんでした。