かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

アニメ『プラネット・ウィズ』4話感想-ラスボスはグランドパラディンのトップ竜造寺隆なのか?

夏アニメ『プラネット・ウィズ』4話感想です。

前回のあらすじ

美羽との戦いに勝利した宗矢だったが、そこに現れたのは残るグランドパラディンの面々とそのトップ、竜造寺隆だった。圧倒的な力を持つ隆に返り討ちにされた宗矢は、間一髪のところを先生の宇宙船に回収され、事なきを得る。そして夢の中、宇宙船の中で「穏健派」「封印派」の対話と自分の正体、そして回収していた小瓶の真相を垣間見る。後日、学校にてのぞみに誘われたオカルト研究会で、宗矢はグランドパラディンの1人、根津屋正義と出会う。

あらすじ

根津屋の見た幻想は女性にモテまくるというわかりやすいがしょうもないものだった。

f:id:mochirixi:20180729233726j:plain

それはさておき熊代晴海はネビュラソルジャーとの一騎打ちに臨む。念動巨神装光は損傷部の再構成も可能である模様。ネビュラソルジャーを倒すために力を引き出しすぎた熊代の念動巨神装光は暴走を起こし、姿を変え竜が出現する。制御が効かない存在と化した竜は街を破壊する。先生の宇宙船がいたため避難が行われており、被害者はいなかった。熊代晴海を救うため、グランドパラディンとネビュラソルジャーは共闘することに。飛べない弱点を補うためキャットドーピングことワンカップ酒で強化されるネビュラソルジャー。二日酔いが怖い。

f:id:mochirixi:20180729230712j:plain

f:id:mochirixi:20180729230716j:plain

激化する戦闘の中、避難していた美羽と虎居は熊代晴美を救うため、戦場に戻ることを決意する。

f:id:mochirixi:20180729230823j:plain

f:id:mochirixi:20180729230955j:plain

f:id:mochirixi:20180729230804j:plain

熊代晴美を救いたいという思いを汲んだ銀子の導きとネビュラソルジャーの力を借りて竜の体内に突入する美羽。美羽が来たことにより、怒りの感情から開放された晴美の念動巨神装光が姿を変えた竜は崩れ落ちる。結果的に小瓶を入手し、目的は果たした宗矢たちだったが、代償は重かった…(二日酔い)

f:id:mochirixi:20180729231127j:plain

ネビュラソルジャーと共闘した鷹取紅華は今回の騒動でグランドパラディンへの不信感を露にし、竜造寺隆を問い詰める。

f:id:mochirixi:20180729231312j:plain

f:id:mochirixi:20180729233742j:plain

司令が世界征服を目的にしていると明かされ、グランドパラディンとの決別を決意する紅華。

感想

今回も見せ場が多くて毎回飽きさせない構成です。今回はロボットアニメらしく敵との共闘があったり、ネビュラソルジャーの強化形態が登場したりしました。飛行が可能になる強化は王道。しかし強化される手段はワンカップ酒であり、セオリーを外してくるのはこの作品らしいと感じます。暴走により宗矢の仇でもある竜が登場しましたが、力によって倒さずに、説得により場を収める展開も変化があっておもしろい。スパロボに出たときのイベントの様子が目に浮かぶ。グランドパラディン側のメンバーの活躍や成長も描かれていて、やはりどちら側も主人公とみなせる要素が感じられます。

そして今回はなんと言っても司令が世界征服を目論んでいることが明かされたのが大きかったですね。瞬く間にそれぞれのキャラクターの立ち位置が変化していく展開は驚きもあり、引き込まれます。

竜の力を暴走させてしまったことが、ネビュラ側の情勢にも影響を及ぼしそうだなと感じました。地球人がこの竜の力をいかように扱うかによって封印するかそれとも見守るべきかという派閥が生まれています。今回の竜の暴走という結果を見るに封印すべきであるいう意見の正しさが証明されてしまった気がしますね。

あとどうでもいいんですが竜の体内に突入する展開はひそまそを思い出しました。