かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

史上最高気温41.1℃を記録した熊谷が暑い理由 - 歴代の国内40℃以上の記録一覧まとめ

2018年7月23日は記録的な暑さとなった。火災などの特殊事情での観測を除いて、熊谷で日本国内観測史上最高の41.1℃を記録した。また熊谷だけでなく、国内4地点で40℃を超える気温を観測している。この記事では、熊谷が41.1℃を記録した理由を考察するとともに、歴代の40℃以上の記録についてまとめておく。

歴代40.0℃以上の記録一覧

2018年7月23日までのデータをまとめる。同地点で複数回記録しているものは色分けしてある。

1 埼玉県 熊谷 41.1 2018.7.23
2 高知県 江川崎 41.0 2013.8.12
3 埼玉県 熊谷 40.9 2007.8.16
3 岐阜県 多治見 40.9 2007.8.16
5 山形県 山形 40.8 1933.7.25
5 岐阜県 多治見 40.8 2007.8.17
5 東京都 青梅 40.8 2018.7.23
8 山梨県 甲府 40.7 2013.8.10
8 高知県 江川崎 40.7 2013.8.13
8 岐阜県 多治見 40.7 2018.7.18
8 岐阜県 多治見 40.7 2018.7.23
12 岐阜県 美濃 40.6 2018.7.18
12 和歌山県 かつらぎ 40.6 1994.8.8
12 静岡県 天竜 40.6 1994.8.4
12 山梨県 甲府 40.6 2013.8.11
16 山梨県 勝沼 40.5 2013.8.10
17 埼玉県 越谷 40.4 2007.8.16
17 高知県 江川崎 40.4 2013.8.11
17 山梨県 甲府 40.4 2004.7.21
20 群馬県 館林 40.3 2007.8.16
20 群馬県 上里見 40.3 1998.7.4
20 愛知県 愛西 40.3 1994.8.5
20 山梨県 甲府 40.3 2004.7.23
20 山梨県 甲府 40.3 2018.7.23
25 千葉県 牛久 40.2 2004.7.20
25 静岡県 佐久間 40.2 2001.7.24
25 愛媛県 宇和島 40.2 1927.7.22
25 埼玉県 越谷 40.2 1997.7.5
29 山形県 酒田 40.1 1978.8.3
30 群馬県 前橋 40.0 2001.7.24
30 高知県 江川崎 40.0 2013.8.13
30 岐阜県 美濃 40.0 2007.8.16

日本国内で、2018年7月23日までに40℃以上を記録したのは32回しかない。日本の気象観測は1872年からとされるので、146年で32回ということになる。しかしながら近年の温暖化の影響で、このうち75%の24回が2000年以降に計測されている。

さらに40℃以上を観測した地点数は19地点であり、複数回40℃以上を観測している地点がいくつか存在する。高知県江川崎は2013年8月10日から8月13日まで4日連続40℃以上を記録し、多治見は4回、甲府は5回も記録している。

今回(2018年7月23日)に40℃以上を記録した4地点のうち3地点は過去に40℃以上を経験している場所で、埼玉県熊谷で41.1℃のほか、岐阜県多治見で40.7℃、山梨県甲府で40.3℃、そして初めて東京都青梅市で40.8℃を観測した。全32回のうち4回が一日で観測されたのだから、尋常ではない暑さが日本中を覆っていたことが分かる。

最高気温の記録ではアメダスなどの観測条件によって気温が上がりやすい下がりやすいなどの差があるのではないか?と話題になるが、こちらの記事で述べた通り熊谷は有人の地方気象台であり、ズルではない。つまり正真正銘日本一暑い街と言える。

なぜ熊谷は41.1℃まで上がったのか?

現チャンピオンの熊谷と元チャンピオン江川崎の最高気温を記録した時の時系列データを比較してみる。

f:id:mochirixi:20180724193957p:plain
熊谷と江川崎の最高気温当日の気温時間変化
熊谷も江川崎もここまで気温が上昇した原因はよく似ている。それは連日の猛暑フェーン現象だ。

ご存知の通り、2018年7月中旬の日本は連日のように猛暑日が続いていた。この猛暑日は、上空15,000m付近のチベット高気圧と上空5000m付近の太平洋高気圧が日本列島上空にのしかかり、連携アタックで地上の空気が圧縮されたためであると考えられている。空気が圧縮されると温度は上昇する。自転車のタイヤに空気を入れた後に空気入れを触ると少し暖かくなっているのと同じだ。この2つの高気圧が長期間にわたって滞留し続けたために、猛暑日が続き地表付近にどんどん熱がたまっていった。

フェーン現象も空気の圧縮が基本原理である。風が山を越えて吹いてきたとき、山を下るに従って大気圧が増加し、空気が圧縮されるため吹き下ろした側で高温になる*1。江川崎は13:42に41.0℃を観測したのち急速に気温が下がり、約10分で36℃台まで低下している。気象データを確認すると、この気温低下の前までは北西からの風が吹いていたが、気温低下時は北東からの風に変わっている。北西からの風がフェーン現象を発生させていたと考えられるだろう。

フェーン現象は日本の高温の原因となることが最も多い。関東や西日本が記録には多い中で、異彩を放っている1933年7月25日の山形の40.8℃もフェーン現象のためだったとされている。

熊谷の場合も同じく、フェーン現象が発生していたと推測できる。41.1℃を観測するまではずっと北西からの風が吹いていた。関東平野の北にある山から吹き下ろした風がフェーン現象を引き起こしたと考えることができる。加えて熊谷は都心のヒートアイランド現象により、さらに暑くなりやすい。もちろんベースには地球温暖化があるのは言うまでもない。これらの複合的要因で41.1℃という記録が誕生した。

まとめ

熊谷が41.1℃を記録した理由は

が考えられる。そして地球温暖化により近年の高温化に拍車がかかっており、この記録が更新されるのも時間の問題だとも言える。

*1:断熱減率についての説明は割愛