かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

レペゼン地球がBANされた理由は?マホトファンの通報が原因というのは本当か?

レペゼン地球のYouTubeアカウントがBANされた。チャンネル登録者数は100万人を超えており、今最も勢いのあるユーチューバーだっただけに衝撃は大きい。今回はレペゼン地球がBANされた理由について考察して行きたい。

レペゼン地球がBANされた理由

以前imigaとSTスタジオの動画がBANされたときにも記事に書いたのだが、YouTube3アウト制である。

YouTubeの禁止事項に当てはまる動画を視聴者から通報されるとGoogleによるチェックが入り、その動画が削除される。

  • 1回目の削除では該当動画が削除
  • 2回目の削除では2週間の動画投稿禁止
  • 3回目の削除で永久にチャンネル削除

となりBANされる。3回の削除が3ヶ月以内に連続するとBANに至るので、数年後に2回目の削除があった場合にはBANにはならない。

レペゼン地球は以前からYouTube運営に警告を受けており、何本か動画も削除されていたため今回のBANに至ったと考えられる。今回決め手となった削除された動画は「【悲惨w】水2リットルイッキ飲み対決したら大変な事になったw『レペゼン地球×みねくーん』」らしい。まあ削除もやむなしだろう。

レペゼン地球が他のYouTuberと異なるのは、広告収入を得ていないことである。レペゼン地球はYouTubeを、案件収入自分のブランディングに使っていたということだ。このためBANされたところで大した被害はないという見方もあるが、広告を付けていなかったからBANされ易くなったという可能性も考えられないことではない。

なぜなら広告を付けるということは動画の再生数が伸びればGoogleの収入になるが、付けていないと単に場所を無料で貸しているだけになるからだ。ただ私はGoogleアドセンスを使用しているが、広告をガイドライン違反の動画に付けてる方がスポンサーの不利益となり得るのでBANされやすくなるということも考えられるので定かではない。

そして、最近ヘイトスピーチを通報する運動が活発化しており、ヘイトスピーチでの通報は1アウト制になったという情報もある。加えて、たくさん通報しているとGoogleから公認通報者として優先的に通報した動画のチェックが入るという噂もある。imigaのBANの記事でも予想した通り、これからもユーチューバーのBANは増えていくだろう。

マホトファンの仕業は本当か?

レペゼン地球のBANはマホトファンが一斉に通報したからではないか?という噂が立っている。詳しくは以下の記事を見てほしいのだが、レペゼン地球のDJ社長とヒカルがマホトを批判して、全面戦争の様相を呈していたことが背景にある。

ただこれは関係ないだろう。なぜならマホトとの戦争が勃発してからBANまでの期間が短すぎるし、レペゼン地球は以前から警告を受けていたことから分かる通りBANされるのは時間の問題だったからである。

そしてたとえマホトファンがレペゼン地球を通報したからといって、即BANになるわけではない。なぜならBANは通報の数ではなく、その動画がガイドラインに違反しているかが重要となるからだ。違反していなければBANはされない。したがってBANされたのは通報したほうが悪いのではなく、そういう動画をアップロードした方が悪い。

まとめ

マホトとの喧嘩は関係がないと思うが状況的に噂されるのは当然であり、これを間に受けたレペゼン地球のファンとの対立がより激化していくかもしれない。マホトは以前よりひととの動画で、「他人のチンカス食って生きてるやつはだせぇ」って言ってたが、ブログにとっては、この騒動はありがたい。「他人のチンカス食って」記事にしていきたいと思います。