かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ラストアイドル in AbemaTV 2018年7月15日感想 SNSバトル詳細発表

LaLuce、GoodTears、シュークリームロケッツLove Cocchi、Someday Somewhereの5組によるプロデューサーバトル第2弾の第6戦です。担当プロデューサーは以下の通り。

LaLuce…後藤次利
Good Tears近田春夫
シュークリームロケッツつんく♂
Love Cocchi指原莉乃
Someday Somewhere…秋元康

前回は、Love Cocchi vs シュークリームロケッツの対戦で、視聴者投票はシュークリームロケッツが、審査員投票は2票Love Cocchiが獲得し、指原プロデュースの2ndシーズンからに初勝利となりました。これで全員が1勝1敗と並びました。今回は、シュークリームロケッツGood Tearsの対戦です。

また前回、総当たり戦で3位までに入ったユニットが決勝トーナメントに進出できるというルール(2ndシーズンと同じ)が発表されました。これにより3勝以上で確定で決勝トーナメントに行けます。

これまでの戦い

バトルの軌跡

得票率 勝ち 負け 得票率
45.6% Good
Tears
2-1 Love
Cocchi
54.4%
61.8% LaLuce 3-0 Someday
Somewhere
38.2%
53.6% シュークリーム
ロケッツ
3-0 LaLuce 46.4%
63.9% Someday
Somewhere
3-0 Good
Tears
36.1%
46.1% Love
Cocchi
2-1 シュークリーム
ロケッツ
53.9%

総当たり表

LL GT CR SS LC 勝敗
LL -
×
0-3

3-0

1勝1敗
GT
-
×
0-3

2-1
1勝1敗
CR
3-0

-
×
1-2
1勝1敗
SS ×
0-3

3-0

-
1勝1敗
LC
×
1-2

2-1

- 1勝1敗

LL:LaLuce
GT:Good Tears
CR:シュークリームロケッツ
SS:Someday Somewhere
LC:Love Cocchi

SNSバトル

SNSバトルの詳細が発表されました。SNSバトルはTikTokを舞台にした拡散勝負で、各ユニットがTikTokの有名クリエイターのプロデュースで、自分グループの楽曲で動画を作成し、その動画を見本として同様の動画をファンがアップロードして、その上がった動画の数を競うというものです。勝ったユニットは 3rdシングルの共通カップリング曲を歌うというのが特典です。

再生数やいいねの数ではなく、模倣した動画の数を競うというルールです。模倣動画の数は、楽曲の使用回数で決定するとのことなので、顔出しせずに動画を作るだけでもカウントされる(と思う。これは予想。)ので、顔出しNGの方も参加することはできると思います。ただハードルが高いのは事実ですね。例えばですが、YouTuberの東海オンエアのTikTokですが、こういうのもあります。ただしカウントされるかは不明なので自己責任で。

すでに最初の動画がアップロードされています。
LaLuce
http://v16.tiktokv.com/L3v7T/
シュークリームロケッツ
http://v16.tiktokv.com/NYVN8/
Good Tears
http://v16.tiktokv.com/NdKRR/
Someday Somewhere
http://v16.tiktokv.com/LKe3E/
Love Cocchi
http://v16.tiktokv.com/NLbnq/

ラストアイドルTikTokと言えば西村歩乃果さんですね。YouTubeTikTokでのCMにも出演しているなど、元々TikTokでめちゃくちゃ可愛いと評判でした。また大森莉緒さんもTikTokをよく活用しています。

そしてここに来てLove Cocchi「Love♡Docchi」がTikTokにめちゃくちゃピッタリの曲なのが効いてきそう。「こっち」とか「どっち」っていう掛け声で動きをつけやすいです。Good Tearsもやりやすそう。

じゃんけんと対戦前告知

Good Tears池松愛理さんとシュークリームロケッツ松本ももなさんのじゃんけんです。勝者は池松さんで先行を選びます。シューロケは後攻希望だったようで、どちらも望み通りの順番です。

また「ラスアイの夏やすみ2018」の告知がありました。これは8月7日(火)、8月8日(水)、8月10日(金)8月14日(火)、8月15日(水) 8月16日(木)、8月17日(金)、8月18日(土)、8月19日(日)の合計9日間、9時15分から『SUMMER STATION LIVE アリーナ』(六本木ヒルズアリーナ)にて一部撮影可の入場料無料フリーライブです。詳細はラストアイドル公式サイトをご覧ください。私は参加したいけど難しそうだなあ…

Good Tears


先攻のGood Tears。今回は自己紹介で、好きな芸人は竹山→竹山→竹山→ザキヤマで無事落とすことができました。前回に敗北後も涙は見せず、「曲調的に気を落としてはいけない」と語っていた朝日花奈さん。Good Tearsは強いですね。

前回の反省点を踏まえて近田春夫

  1. 楽曲・振付けを初回に戻す
  2. 歌唱力のアップを目指して特訓する

と2つの指令を出します。真面目な近田春夫だ…

歌唱指導は真野恵里菜前田敦子を担当したシンガーの廣野有紀。今回は2ndシーズン決勝戦で負けたシューロケとの対戦だけど、2ndシーズンは勝ちにこだわりすぎていた。今回は、それ以上にファンや見ている方に楽しんでいただきたいという気持ちでパフォーマンスしたいとのこと。


「へえ、そーお?」
作詞:作詞センター(近田春夫
作曲:作曲研究所(近田春夫
編曲:近田春夫、山岸大輔(Frame Recordings)
Mix:山岸大輔(Frame Recordings)
Fix:近田春夫
振付師:PECO

パフォーマンス前に、観客に座るように言って、合図をしたらジャンプして立ち上がってくださいとお願い。また曲の途中でも一緒に歌うコールを求めるなど、観客との一体感のあるステージを作り上げようしていました。それ自体は良いことですが、ジャンプは禁止のとこもあるので、違うコールレスポンス方法を考えても良いのではないかと。

歌唱練習をしただけあって、歌はめちゃくちゃ良くなっていました。特に高橋真由さんが今までと全然違っていました。楽しませよう楽しもうという想いが伝わってきて、すごく良いパフォーマンスだったなと思います。

シュークリームロケッツ


後攻はシュークリームロケッツ。前回、審査員の竹中夏海の「つんくプロデューサーの一人の子を想像してというところはもっと詰められるかなと思った」という台詞に、自分を責めるシュークリームロケッツのメンバー。その後、3人で意見を出し合って楽曲に主人公像を詰めていきます。

そして今回は衣装をガラッと変え、統一感のあるミニスカートに、髪にもメッシュを入れました。長月翠さんは前髪をぱっつんに切っています。「大人に憧れる感」が更に出たような気がします。

さらにつんくから今回の対戦からセリフが入ることが告げられ、「最初から色々詰め込むと歌もセリフも気持ちが分散するだろうから、こなれるまで歌のみにしておきました。セリフなんだけど、本当は主人公の心の叫びなので、それをどう表現するか、3人の心のボリュームを合わせるために何度も練習とは話し合いをしてください。それとマイクが口から離れないようにめちゃ練習してください。頑張って!」とのメッセージ。



楽曲は「夜中 動画ばかり見てる…」
作詞:つんく
Rapアレンジ:Miss Monday
作曲:つんく
編曲:大久保薫

つんくが上手いなと思うのは、セリフが入ったことにより、主人公の気持ちっていうのがガツンと伝わるようになったことです。正直言えば、歌だけではあまり前回との差は分かりません。ただここに歌よりも感情を込めやすいセリフを入れることで、歌の感情も浮かび上がってきます。

また3人の表情も良かったです。ライブでは分からないかもしれませんが、テレビでアップで見ると練習したんだなというのが、よく分かります。惜しむらくは、小澤愛実さんのソロの部分がちょっと音外れてるところですかね。ダンスは艶やかで素敵です。

ジャッジ

まずは視聴者投票。今回は悩みました。グッティアは前回よりも圧倒的に良くなっていたし、シューロケは完成度が高いし…悩みましたが、伸び率で評価するなと前回言った手前ですので、シューロケに入れました。本音を言えば、最初の敗北後のももなんの号泣の時点で心動かされました。パフォーマンスバトル外ですが、すみません。ももなんが好きで好きでしょうがないから。

結果は、シュークリームロケッツが72.9%Good Tearsが27.1%でした。ここまで差がつくほどの大差ではないと思います。ただ私はシューロケに入れちゃったので、あんまり人のこと言えませんが。

特別審査員はとギュウゾウ倉田真由美。結果はギュウゾウGood Tearsに、倉田真由美シュークリームロケッツに投票して2-1でのシュークリームロケッツの勝利になりました。倉田真由美のグッティアはシュラスコで、シューロケは調和に取れた冷やし中華の喩えが全くわかりませんでした。

感想

ギュウゾウさんの言った通り、大差のつく勝負ではなかったと思います。ただ全く種類の違う対決だったので、シューロケの凛とした空気感とかそういうものが圧倒していたのかもしれません。私もシューロケに入れてしまいました。

グッティアは楽しくパフォーマンスするというのは良いことだと思っていたのですが、「最初の無表情の方が良かった」という感想を見て、なるほどそういう意見もあるか、と思いました。確かにちょっとミステリアスでエキゾチックな雰囲気で、あの変な歌詞を歌うっていうのもインパクトがあるなと。楽しい曲だったら、もっとコール曲とかそういうパターンもあるので、見せ方をがらっと変えても良いかもしれません。

SNSバトルに関しては評価が難しいですね…熱狂的なキモいオタク以外のフォロワーがどれだけいるのかを知りたいのかもしれませんし、単なる人気投票に終わらせたくないんだろうとは思います。ただ拡散対決ならTwitterで1日1ツイート投下してRT数を競うとかじゃダメだったんですかね…まあ若者はもうTwitterからどんどんいなくなってるのでTikTokの方が良いのかもしれませんが…

次回はLove CocchiとSomeday Somewhereの対戦です。