かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20180913144440j:plain f:id:mochirixi:20180913150252j:plain f:id:mochirixi:20180913150300j:plain

アニメ『ハイスコアガール』1話感想 - アラフォー以外には面白さが伝わらないと思う

2018夏アニメ『ハイスコアガール』の1話感想です。

あらすじ

矢口春雄(通称ハルオ)は、勉強も運動も不得意だがゲームには人並みならぬ情熱と努力を見せる小学6年生。今日もゲーセンの対戦筐体で次々と相手を倒していく。そんな彼の聖域(サンクチュアリ)に現れたのは同じクラスの大野晶。家は裕福で本人も成績優秀の美少女で、しかもハルオをもしのぐ腕前! 操作難易度の高いキャラクターも壊れまくった劣悪な筐体も従わせる彼女にハルオは激しく感情を揺さぶられる。この出会いが二人を結ぶ因縁の始まりだった……。

スタッフ

脚本:浦畑達彦
絵コンテ・演出:山川吉樹
CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)

感想

ゲームしか取り柄がないハルオがゲーセンでストⅡを遊んでいると、クラスメイトの眉目秀麗、成績優秀なお嬢様の晶が乱入してきます。晶は当時最弱キャラ筆頭だったザンギエフでハルオのガイルを倒し、さらに29連勝の偉業を達成。自信のゲームまで他人に取られてはプライドの許さないハルオは待ちガイル投げハメという卑怯な技で晶に勝利。怒った晶はハルオをリアルでぶん殴ります。

スプラッターハウスで遊ぶハルオをじっと眺める晶。プレイ後にハルオを晶が追いかけ、ハルオは何事かと怯えるのですが、晶は極度の怖がりで一人で帰るのが怖かったというオチ。かわいい。

ゲーセンでストⅡでハルオが遊んでいると台パンするチンパンジーカップルに乱入されハルオが故意に負けますが、晶がハルオの後を継ぎ彼氏と彼女を瞬殺。キレたカップルは晶に絡みます。ハルオが止めるため間に入るとカップルにボコボコにされますが、晶はカップルをハイキックと裏拳で成敗。

急な雨で駄菓子屋で雨宿りすることになったハルオと晶。金のある限りは雨宿りしていいというので、ファイナルファイトで遊ぶ晶。しかし最初の面で2機やられてHPが瀕死の状態になります。見かねたハルオは2pに乱入するのですが、実はわざとHPを減らし、スコアアップの金塊を獲得する裏技のためで、ハルオは逆に足を引っ張る結果になり、晶に殴られながらプレイします。ハルオは謝罪の意味を込めて晶にキャンディーを2つプレゼントします。


ゲーセンのレトロゲームをテーマにしたアニメですが、まずはとりあえず放送まで漕ぎ着けたのは良かったなと思います。ゲーム会社との権利関係のゴタゴタで一時はコンテンツ自身の存続も危ぶまれました。完全に和解したのかアニメ本編でもゲームの実際の画像が使われていました。

ただ申し訳ないことに、私はアラサーでこの世代じゃないので、あまり面白さがわからないんです。待ちガイルとか投げハメとかの存在は知っていますし、ゲーセンが荒れてたことも、ファイナルファイト魔界村も知識としては知っていますが、実際に経験したことがありません(魔界村は家庭用でプレイしたことがありますが)。

なので、このアニメを懐かしいなあとノスタルジーを感じることはありませんでした。多分アラフォー世代の人にはドンピシャなんだろうと思いますが、そういう感想が書けずにすみません。

しかし、アニメ本編自体は勢いもあり面白かったです。絵柄は今時の流行りと違うし、ヒロインの晶がほとんど話さないのですが、声優はギャラ泥棒だなアニメが終わるころには可愛く見えてくるから不思議です。ハルオの声優も良かったですし、エンディングテーマのやくしまるえつこの「放課後ディストラクション」 も好きです。

イントロダクション

俺より強いGIRLに会いに行く──。「ポリゴン」って何?食えんの?そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凛として座していた──。主人公ハルオを通して描かれる’90年代アーケードラブコメディー!

スタッフ・キャスト

スタッフ

原作:押切蓮介(掲載 月刊「ビッグガンガンスクウェア・エニックス刊)
監督:山川吉樹
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:桑波田満(SMDE)
CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)
キャラクターモデルディレクター:関戸 惠理(SMDE)
美術監督:鈴木 朗
色彩設計:木村美保
撮影監督:福世晋吾
編集:坪根健太郎(REAL-T)
音響監督:明田川 仁
音楽:下村陽子
音響制作:マジックカプセル
OPテーマ:sora tob sakana「New Stranger」
EDテーマ:やくしまるえつこ「放課後ディストラクション」
CGIプロデューサー:榊原智康(SMDE)
CGI:SMDE
アニメーション制作統括:松倉友二
アニメーション制作:J.C.STAFF
ゲーム収録:高田馬場ゲームセンター ミカド
ゲーム考証:石黒憲一
<資料協力>
有志団体アーケードゲーム博物館計画
秋葉原ナツゲーミュージアム
BEEP
スーパーポテト

キャスト

矢口春雄:天﨑滉平
大野晶:鈴代紗弓
日高小春:広瀬ゆうき
宮尾光太郎:興津和幸
土井玄太:山下大輝
鬼塚ちひろ:御堂ダリア
矢口なみえ:新井里美
業田萌美:伊藤静
じいや:チョー
大野真:赤﨑千夏
小学校の担任:杉田智和
沼田先生:中村悠一
遠野先生:植田佳奈
小春の父:武虎
ナレーション:大塚芳忠
ガイルさん:安元洋貴