かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

imigaとSTスタジオのチャンネルが削除された理由

有名ユーチューバーのimigaのチャンネルが削除されたことが明らかになった。ちょっと前にはSTスタジオのチャンネルも削除されたということがあった。

チャンネル削除の流れ

Youtubeのチャンネル削除は3アウト制だということが知られている。YouTubeの禁止事項に当てはまる動画を視聴者から通報されるとGoogleによるチェックが入り、その動画が削除される。

1回目の削除では該当動画が削除されるだけだが、2回目の削除では2週間の動画投稿禁止、そして3回目の削除で永久にチャンネル削除となりBANされる。

YouTubeの禁止動画には性的な動画、暴力に関する動画や、差別的な動画、覚醒剤や危険行為を助長する動画などが挙げられる。最近ネトウヨ*1動画が大量にBANされているが、こちらは中国および韓国への差別的なヘイトスピーチが原因で組織的に大量通報され、削除されている。ただし今回のimigaとSTスタジオのチャンネル削除に関しては、この組織的な通報は関係ないようである。

STスタジオの削除理由

STスタジオはチャンネル登録者数36万人のグループyoutuberである。ではSTスタジオの場合なぜBANになったかというと、元々2週間の動画更新停止処分を受けていたところに、度数の高い酒を飲む動画を消されてBANとなったということだった。動画内では、他のチャンネルでもそのような動画があるのになぜ、STスタジオばかり対象になったのか?という発言もあった。

最近はYouTubeの規約が厳しくなっているので前もって危険な動画を削除しているチャンネルも多く、同様に危険な動画が多いへきとらハウスやmegwinTVなども過去の動画を削除している。

imigaの場合


http://genesisone.jp/artists/imiga

imigaは7年間も続けているYoutuberで、チャンネル登録者数10万人である。マホトとカイワレハンマーというユニットを組んでいることでも有名だ。それがチャンネル削除によりゼロとなってしまった。

5月30日に以前アップロードした動画が削除されて、動画投稿が2週間停止されていたことが本人のTwitterで述べられている(ツイートは削除済み)。つまりその時点で2アウト状態であり、その後何らかの動画が削除されたため、チャンネルBANになったということだろう。

本人のコメントなどが出されていないので、どの動画が削除されたかがわからないが、動画に淫夢ネタ(同性愛ビデオでネット上でよくネタにされている)が存在したということが、マホトのYouTubeのコメントに残されていたが真偽のほどは分からない。

imigaの新しいチャンネル

imigaの新しいチャンネルが始まりましたので、チャンネル登録していた方は、こちらに移動されるといいと思う。

動画内で削除された動画が「ゴキブリをいじめる動画」「エロイプおやじ釣り動画」「YouTuberアーチェリー対決という動画」だということが分かった。ゴキブリとおやじ釣りは数年前に削除され、最近、残ってたおやじ釣りシリーズ物が一気に2つ消されて、最後に「YouTuberアーチェリー対決」が削除されたみたいだ。「YouTuberアーチェリー対決」は上半身裸のトミックに先が吸盤になっているおもちゃのアーチェリーを打つという動画で、なぜ削除になったのか理由がわからないとのこと。

まとめ

ネット上では、「本当に最近過剰すぎる」「YouTubeも厳しくなりすぎてつまんなくなる」「いつかYouTube全てがNHKみたいになりそう」など否定的な意見が多く上がっている。

まあ確かに、厳しい規約になって過去の動画を遡って削除されるというのは納得できないものがある。しかしながら世界情勢的には、これからさらに厳しくなっていくものと考えられる。下ネタが多かったり、チャレンジ系をするチャンネル(例えば私が知ってる中でチャンネル登録者数が多いのは、東海オンエアやよさこいバンキッシュ)などは気をつけなければならないかもしれない。

*1:ネット右翼の略。自民党および安倍総理支持者で、反韓反中思想が特徴