かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

サッカー日本代表がロシア大会ワールドカップで勝利する3つの理由

サッカーワールドカップが開幕して、今日は日本コロンビア戦が開催される。世間では期待度が低くどうせ全敗で予選トーナメント敗退だろうと思っている人が多いだろうが、日本代表は決勝トーナメントに進出できると断言しておこう。

ちなみに私はサッカーに一切詳しくないので戦術的なことやサッカー選手の能力的なことは大してわからない。ここで使うのはジンクス的なものである。

周期的なワールドカップでの勝利

サッカー日本代表は1998年のフランス大会でワールドカップに初出場したが、それ以降予選敗退と決勝トーナメント進出を交互に繰り返している。

1998フランス グループリーグ敗退 3敗
2002日韓 ベスト16 2勝1分
2006ドイツ グループリーグ敗退 2敗1分
2010南アフリカ ベスト16 2勝1敗
2014ブラジル グループリーグ敗退 2敗1分
2018ロシア ベスト16 3勝

こうなるのも明らかである。ただこのままではいつまでたってもベスト16なのでベスト16の部分を決勝トーナメント進出に書き換えても良い。

途中での監督の交代

2010年の南アフリカ大会のときは、オシム監督から岡田監督に4年間の途中で交代している。ワールドカップの下馬評は低かったが、快進撃で決勝トーナメントに進出した。

今回のロシア大会でも大会直前のスポンサー的ないざこざによりハリルホジッチ監督から日本人の西野監督へと交代した。世間からサッカー協会がボコボコに叩かれて私もこの交代劇はクソだと思うが、ジンクスを考えると勝ってしまうんだから困る。

下馬評の低さ

さっきの少し述べたが、直前の期待値が低い方が活躍する。日韓大会のトルシエ監督時も批判が多かったし、南アフリカ大会の岡田武史監督時のバッシングもすごかった。そして今回のバッシングは言うまでもない。

一方ブラジル大会前は親善試合で勝ちまくりめちゃくちゃ期待されていたが惨憺たる結果に終わった。ボコボコに叩かれてる方が選手も監督も危機感を感じて奮起するに違いない。ケイスケホンダのような古参組で有言不実行で危機感を感じてない選手はベンチに置いておくべきである。

まとめ

こんなことを書いている間に、日本がさっそくPKで1点を入れて、さらにコロンビアは1人少ない10人になってしまった。やっぱり戦術とかで考えるのはバカらしいわ。

21:42追記:川島ゴミすぎ。ゴールの内側でとるGKってなに?だから出すなって言ったのに。
22:30追記:やっぱり勝ったわ
22:54追記:正直最初の一発レッドやりすぎじゃないかと思ったけど、ジンクスが強すぎました。ハメロリも怪我のせいか状態が良くなかったのも(ハメロリには申し訳ないが)日本にとっては良かったです。