かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

三国BASSAのレビューとちょっとだけ攻略 - ゴリ押し系アクション風一騎当千ゲーム

『三国BASSA』がサービス開始したのでレビューしたいと思います。開発は『ヴァルキリーコネクト』などで有名なAteam。

ゲームシステム

ゲームはタイトルも意識していると思いますが、『三國無双』や『戦国BASARA』のような一騎当千系の爽快アクションバトルです。スマホ向けのためかアクション要素は少なく、攻撃はオート攻撃で、ユーザーが介入するところは自キャラの移動と必殺技の発動、キャラの変更のみです。

また『三國無双』のようなストラテジー性のあるクエストも少なく、ただ黙々と前に存在する雑魚をなぎ倒して行くゲームになっています。

戦闘画面において画面左上は攻撃目標でありタップするとそこにロックオンして敵に近づけば攻撃します。画面下にはキャラが出ていて3体+サポートの1体でパーティーを組み、状況に応じてキャラを切り替えながらクエストを攻略していきます。

COMBOが増えるとキャラクターの攻撃が強力になるため、まず最初は雑兵を倒してコンボを溜めるのが重要です。SPゲージが溜まったらスキルが発動できるようになりますので、ボスなどで発動するようにしましょう。

キャラクターには剣、斧、槍、弓の武器属性と、火水風光闇の属性があり、前者は攻撃範囲や攻撃速度、威力が異なります。個人的にはコンボが溜まっていないときは剣のキャラクターが使いやすくて、コンボが溜まると弓矢が強いような気がしますが、まあ好みで選んでください。後者はいつもの三竦みで弱点を突くと1.5倍で、耐性の場合は0.5倍ダメージになります。

強化システム

強化システムには武将強化と武器強化があります。

武将強化

武将強化は普通にレベルを上げるもの、スフィア盤のようなスキルツリー(覚醒ボード)、必殺技強化があります。

覚醒ボードはパラメーターを上げるものなのですが、途中レベルの上限解放があります。最後までレベルを上げると刻印をセットすることができます。刻印は曜日限定クエストの「刻み込め!【属性】の祠」で入手できて、そのクエストをクリアしたリーダーのみが付けることができます。また覚醒ボードを開けると英雄伝(サブイベント)が見られることがあります。

必殺技強化は同じ武将の重ね合わせで、5回まで可能です。必殺技強化すると威力が上がるだけでなく必殺技ゲージであるSPを200%まで溜められるようになるオーバーパワーが獲得できます。

武器強化

武器強化は普通にレベルを上げるのと、上限解放のみです。上限解放は曜日限定クエスト「解き放て!【武器種】」で獲得できる金床アイテムを使用すると可能になります。

対戦

レベル5から解放されるPvPの対戦は2vs2のタッグマッチになっています。これまたイライラしそうなものを…

敵拠点を先に潰した方が勝ちで、敵に倒されるとリスポーンに時間がかかります。基本はやっぱり雑兵でコンボを貯めて敵キャラを攻撃しつつ本拠地攻撃になるんですかね。キャラ特性も乏しいので何使っても似たような戦いにしかならなそう。

ガチャ

ガチャは課金ガチャは最高レアの確率が5%ですが、武器と武将が一緒に出るので狙ったものを出すのは難しいでしょう。またゲーム内で手に入るチケットは確率表示されていません。

これはかなり不誠実な態度です。課金ガチャも個別の排出率が書いていないので、裏で何やってるか分かったもんじゃありません。ただ現在、課金石が買えないのでカモられるという心配はありませんが。もしかしたら好意的に見れば、課金石販売後に確率表記するのかもしれません。

感想

本音で言えば、何を売りにこのゲームを作ったのかが分かりません。例えばゲーム紹介画像には豪華声優陣が書かれていますがメインストーリーでも、ほぼ喋らないし、戦闘中にちょっと掛け声のようなものをしゃべるだけです。

ボイスなんかいらん!硬派なアクション(ストラテジー)ゲームを作りたいんだ!という意図なのかと思いましたが、アクションはほぼオート戦闘ですし、クエストは一本道だし、強い武将を作ってゴリ押しにしかならないでしょう。キャラゲーにしたいのかゲーム性の高いゲームにしたいのかが見えてきません。

似たようなアクションゲームで最近リリースしたのに『戦国ASURA』がありますが、あちらよりはアクション部分の視認性が高いのでこちらをお勧めします。

とはいえ、やっぱり遊ぶ価値をあまり見出せないゲームだと個人的には感じました。