かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

『リズと青い鳥』感想 - 京アニ史上最高傑作

長らく観に行こうと思っていても観に行けていなかった『リズと青い鳥』を観てきました。


『リズと青い鳥』ロングPV

前置きとして私は『響け!ユーフォニアム』という作品自体はそれほど好きではないです。つまらないと断じるような作品でもないと思っていますが、好みには合わない作品でした。

しかし今回観てきた『リズと青い鳥』という作品は、京アニ史上最高傑作に挙げてもいいのではと思わせられました。

 

あくまでも吹奏楽でいい結果を残そうとやっていく中でのドラマである本編とは全く違った切り口の作品になっていて、鎧塚みぞれと傘木希美の関係性に焦点を絞ったストーリーになっています。

 

この作品を監督しているのはこれまでの『響け!ユーフォニアム』で監督を務めてきた石原立也ではなく『けいおん!』で一躍スターダムに上り詰めた山田尚子です。本編と変わっているのは監督だけでなく、キャラクターのデザインもまったくの別物に変更されています。『響け!ユーフォニアム』のキャラクターを使ったその物語の延長線上にはあるものの、まったく異質なものと認識していい作品だったと思います。

 

みぞれと希美の物語は山田尚子が手がけるに相応しすぎる題材でした。この作品を今のようなレベルに仕上げることのできる人間は、どこを見回しても彼女以外には存在しないでしょう。『たまこラブストーリー』や『聲の形』も劇場まで観に行きましたが、今作ほどの満足は得られませんでした。

 

この作品は全体としてセリフ量が少ないアニメでした。セリフではなく、キャラクターの仕草で演技させようとする意識が強く感じられる作品だったように思います。このような細かな動きで表現しようとする姿勢は京アニというアニメスタジオならではでないかと思います。近年はCGアニメが非常に隆盛であると感じますが、こういう感情の機微を仕草のみで表現するということに掛けては、手描きのアニメーションに軍配が上がるのではないでしょうか。まだまだ手描きの可能性を見せてくれる京アニはすごいと改めて感じました。変に流行りに迎合せず、こういう方向性を極めていって欲しいと思います。

 

今作は吹奏楽アニメでありながらも、それほど演奏シーンは多くありません。あまり音楽を軸に展開されるストーリーでないのが私にとっては受け入れやすかったです。それでも音楽には多大なこだわりを持って制作されていることは劇場で鑑賞してみて、感じる事ができました。映画館で鑑賞する醍醐味は音にあるのではないかと思う私には、とてもいい体験をさせてくれる作品であったと思います。吹奏楽アニメではもちろんあるので、クライマックスにおいては吹奏楽が効果的に使われています。

 この作品にはゲスト声優として本田望結が出演していますが、とてもいい使い方をしていました。彼女の演技に文句をつける人がいるのは、私からするとおかしいと感じます。演じ分けもきちんとできていると感じますし、世界観を台無しにするような使い方でもありません。さすが売れている子役はモノが違うなと感じさせてくれる演技だったと私は思っています。

 

総合的に見て唯一無二の傑作という評価を下せる作品だったといえるでしょう。わかりやすいおもしろさを持っているわけではないので、退屈だと感じる人がいるかもしれませんがそれは間違いだと思います。他の誰かには逆立ちしても作れないようなこの作品を生み出した山田尚子はこの時代のトップランナーであると感じました。


『リズと青い鳥』メイキングVol.1 吹奏楽曲「リズと青い鳥 」編

見た目もいい

 

響け!ユーフォニアム』シリーズはまだ新作映画が公開される予定がありますが、そちらはおそらく観に行かないと思います。次の新作はTVシリーズの完全な続編というイメージなので私には合わない可能性が高そうです。

 

ちなみに特典は七瀬遙でした。

f:id:mochirixi:20180516184811j:plain

意外に女性客が多かったので、まあ喜ばれるんじゃないでしょうか。