かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20180913144440j:plain f:id:mochirixi:20180913150252j:plain f:id:mochirixi:20180913150300j:plain

アイドルマスターミリオンライブ田中琴葉役の種田梨沙が許せないという話について思うこと

とあるアイマスPが匿名ダイアリーに種田梨沙が嫌いであるという話を投稿した。

https://anond.hatelabo.jp/20180330164431

 

アイドルマスターミリオンライブにて田中琴葉を演じる種田梨沙がミリオンライブのライブイベントへの出演が少ないこと、声優である種田梨沙が病気療養ですべての仕事を休むという結果になったため田中琴葉に悲劇のヒロインとしての属性がついたことに憤っているようだった。

 

アイドルマスター ミリオンライブ! 田中琴葉 ver.2 ビッグ缶バッジ

 

私からすればなぜ種田梨沙を嫌いになってしまうのだろうかと思う。アイマスが自分の中の軸にある人間であれば、アイマスというコンテンツを中心にした活動をしないことに納得できないと感じるのだろうが、勝手な話だ。アイマスのために声優が存在しているわけではない。アイマスはたしかに安定的に仕事を持ってきてくれるかもしれないが、それだけをやっているわけにはいかない。

 

はっきりいってこの問題はアイマスサイドが悪いのではないか。以前、種田梨沙の復帰前にもミリシタに田中琴葉が登場しないこと、田中琴葉というキャラクターも声優とともに停滞せざるを得ないことに対するもやもやを書いた投稿を目にしたが、声優を変えることはできないのだろうか?

他の作品であればいくらでもそのようなことが可能なのに、声優とキャラクターを重ねることが当たり前となっているアイマスというコンテンツでは声優の差し替えは躊躇われる。

しかしながらアイマスは過去に声優交代の実績がある。交代時は一悶着あったが結局新しい声優はファンに受け入れられている。

 

声優がたとえ演じることができなくとも、声優を変更することを良しとしない風潮をもつ全体の空気を憎むべきではないかと感じる。作品全体のことを考えるのであれば、声優1人に作品の展開が止められるべきではない。声が変わっても声優なんて所詮声を当ててくれているだけなのだと割り切ることができればいいのだが、まあ難しい。それでも変えるという決断をし、それを受け止めるだけの器量が双方にあればよかった。

ただ出演ができない状況にあるならば、絶対に変えるべきであると言っているわけではない。私は今回のように復帰できるまで待った対応が間違いであったと思ってはいない。イベントへの出演が少なくても、私は不満に思うことはないし、ゲームへの出演がなくても気長に待つことを許容できる。

 

種田梨沙が病気になってしまい田中琴葉というキャラクターへの影響が出たことを憂うのであれば、真の敵は種田梨沙などではなく、アイドルマスター自体に関わるすべてなのではないか。

種田梨沙が人気声優にならなかったり、病気になったりしなければよかったというのは、なんとも場当たり的な発想だ。あれだけ関わる人数の多いコンテンツなのだからそのようになる人間が何人か出てしまうのは確率で考えたときには十分あり得ることだろう。

田中琴葉というキャラクターの現在の扱いを生み出しているのは、種田梨沙などではなく、アイドルマスターそのものだろう。今の状況を快く思わないのであれば、もうアイドルマスターというコンテンツを見限ってはいかがだろうか。アイマスPの職を辞することを私はオススメします。

 

追記

みりぃです。私はそもそも別にイベントに出られないからといって声優交代の必要は全くないと思っています。アイドルマスターは別にイベントだけのコンテンツではないですし、イベントに出ていないからといって琴葉がどうこうなるわけでもありません。

この人はイベントだけがスポットライトだと思っていますが、琴葉にとってのスポットライトはゲーム中にあるのであって、外のイベントは例えアイドルマスターであっても単にファンを満足させるだけの付属品だと知るべきです。

そもそもキャラクターに最後に命を吹き込むのは声優です。種田梨沙さんがいなかったら、こいつの好きな琴葉もいなかったのに何を言っているんだと思います。

 

しかしながら無理を押して仕事をするのであれば声優を変更した方が良いでしょう。声優変更も嫌がり、ただ愚痴を吐くだけであれば、アイマスに一切関わらないでもらいたいです。