かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

キューティーハニーユニバース感想 - 完全に百合に目覚めたハニー

キューティーハニーユニバースの感想です。リメイクを何度も繰り返しているキューティーハニーですが、今回の作品はどうなるのでしょうか。注目のポイントはシスタージルがジュネに変装してPCISのメンバーとして活動していること、またハニーの変身後の声優が、キャラクターによって異なっていることなどが挙げられます。

キューティーハニーユニバース8話感想

ハニーの秘密を聞いたなっちゃんがジュネに誘き出されてナイトプールに行きますが、そこにいたのはヒト型になったタランチュラパンサー。親友の秘密を知ってしまったことを打ち明けるとタランチュラパンサーに励まされます。やっぱりタランチュラパンサー良い子。かわいい。

タランチュラパンサーに勇気付けられたなっちゃんはハニーとデートして仲直り。この戦いが終わったら一緒に旅行に行こうと約束するのですが、これは嫌なフラグですね…そしてなっちゃんはジルに捕らわれます。

ハニーが救出に向かうところをオクトパンサーに襲われピンチを迎えますが、またタランチュラパンサーに助けられます。くぎゅのうるさい!うるさい!が聴けて良かったです。ところで三森すずこさんは出ないんですかね…

キューティーハニーユニバース7話感想

前回、パンサークローの襲撃に学園のみんなが巻き込まれ、ハニーとなっちゃんを除く全員が殺されてしまったことで、ハニーが自分を責めているのを、なっちゃんが励まします。

なっちゃんはジュネに会いに行くのですが、そこでジュネに以前から抱いていた不信感がさらに増幅し、そのことをハニーに告げます。

ハニーはなっちゃんに自分がアンドロイドだということ、パンサークローが自分の持つ空中元素固定装置を狙って襲ってきているのだということを打ち明けます。今まで人前で変身しまくってたので、とっくの昔にバレてたんじゃないかと思ってたんですがバレてなかったのに驚き。

今回は戦闘シーンはありませんでした。タランチュラパンサーは最後でシスタージルを裏切りそうな気がする。もしくはタランチュラパンサー自体が最初からハニー側という可能性も…

キューティーハニーユニバース6話感想

いきなりシリアス展開。ドラゴンパンサーとスネークパンサーが学園を薔薇で空爆します。薔薇の爆弾というと『HUNTER×HUNTER』を思い出します。この薔薇は一発の範囲は狭いですが、連発することができ学園は壊滅し、多数の犠牲者が出ます。正直パンサークローを倒せば、元に戻ると思っていましたがどうも本当に殺されたようで、今までのエロパロディな雰囲気から一気に鬱な展開に入ります。

森に逃げ込んだハニーはシスタージルと再会。戦いますがあえなく返り討ち。

大ピンチになったところを番長ナオコが犠牲になってハニーを庇い薔薇を受け止め戦死します。ナオコの格好良さには心が響きますが、まさかモブだけでなくナオコも殺すとは…原作のような容赦ない展開になってきました。タランチュラパンサーだけが可愛いしまとも。

キューティーハニーユニバース5話感想

記者のフラッシュハニーが登場。CVは黒沢ともよさんでした。

キャビンアテンダントのアイドルハニーも登場。花澤香菜さんが色っぽい声を出しています。

ストーリーはアイアンサドー(CV:茅原実里)が女性を積極的に活用する市長に変身して、市長に共感した女性を操り人形にしてハニーを襲うというものでした。今回の見所は早見団兵衛の活躍ですね。

『女性は強い、それに比べて男性は粗野で偉そうで頭も悪いゴミ同然』という名言も飛び出しました。

戦闘がよくわからんサーカス。急に始まって何事かと。しかし声優が豪華なのはいいですが、なんか使っとけばいいだろ感がすごいですね。正直変身後も声変わってることに大して気付かないんですが。

キューティーハニーユニバース4話感想

ミスティーハニーが登場。CVは田村ゆかりさんでした。ただ一曲(しかもOP曲を)披露しただけで出番終了。もったいないです。このハニーで声優が変化するのって坂本真綾さんがキャラソンNGなのと関係があるのでしょうか?

ジュネに唆され囮になりパンサークロウの研究所に潜入するハニー。タランチュラに捉われるが脱出。空中元素固定装置でハニーのイミテーションを作るのはガジェットの使い方として面白い。

今回は変身回でしたね。テッカハニー(勝手に名前つけた。元ネタはテッカマンブレード)、銅像ハニー、おっさんハニーと様々なハニーを見せてくれました。

しかし銅像のところはえっちすぎる。時間停止系セクシービデオかと思いました。

ミスティーハニーからキューティーハニーに変身する際、大多数の観客の前で変身していたんですが、それはいいんですかね?如月ハニーってバレなきゃいいのか。

キューティーハニーユニバース3話感想

ジュネとデートするなっちゃん。デパートに連れていかれるが、それはもちろん罠でパンサークロウの攻撃に晒されます。

一方ハニーは別の立てこもり事件の解決のために出動が遅れます。しかし女番長の活躍もありハニーが間に合います。

今回のハイライトはやはり番長ナオコの身体を張ってなっちゃんを守るシーンでしょうね。恋敵でもあるのに、なんとも健気で純粋です。またジュネの一人二役なっちゃんが気付いているようなシーンもあります。なっちゃんがこれからのストーリーのカギになるのでしょうか。

パンサークロウ撃破シーンがダイジェストなのは笑った。あとほかのハリケーンハニー以外のハニーがまだ出てこないんですが、いい加減出してください。もうハリケーンとキューティーの繰り返しは飽きてきました。

キューティーハニーユニバース2話感想

今回はキューティーハニーの誕生に関する回想回です。1話でドンパチして惹きつけておいて2話で解説というのは視聴者を繋ぎとめておくにはいい手段だと思います。

そして前半後半で1回ずつ戦闘シーンがあるのも飽きさせない工夫であるといえます。前半の戦闘と後半の戦闘でハニーブーメランの使い方を変化させているのも上手いです。

戦闘のカメラワークには結構凝っています。またヒットストップを多用した表現方法です。スピード感のある戦闘とヒット時の重みの表現は基本的ですがとても効果的です。

さてストーリーはジュネに化けたシスタージルの真の目的はなんなのかというのがこれからの焦点になっていきそうです。若干、脚本がおかしい部分がある(例えば重力トンネルにハニーが移したのにパンサークローの台詞がおかしいことや、4体いたはずのパンサークローを1体しか倒してないなど)のですが、まあ細かいところはいいんだよっていうか、そういうアニメでもないと思います。

また他のハニーが5体いるはずなのですが、まだ出てきていないので早く出てきてほしいものです。

キューティーハニーユニバース1話感想




キューティーハニーのリメイクなのですが、子供向けの面影は一切ありません。服が破けるなどお色気描写が満載です。とは言うものの、初代のキューティーハニーでも全裸描写があっても子供向けと言うことになっていましたので、これはキューティーハニーが変化したというよりも、我々の意識が変化したせいでしょう。

さて本作のスタッフ陣に少し不安があるというのを以前のブログで述べました。

その不安は完全に払拭されたとは言いませんが、ただ結構テンポが良くて面白かったです。最初にいきなりドンパチシーンを入れてきたので掴みは良いですね。

またハニーやその他周りの人物が完全にレズビアンになっています。原作では最後にレズビアンを仄めかすだけですが、リメイクを重ねるごとに百合要素が多くなり、本作はがっつりです。ただ永井豪風のキャラでいちゃいちゃされてもあんまり…

まあそれはいいですが、本作は声優陣も注目です。上記記事で各ハニーの声優を予想しましたが、ハリケーンハニーが内田真礼でしたね。早速予想が外れてしまいました。他の声優もどのハニーを担当するのか楽しみです。

スタッフ・キャスト

スタッフ

原作:永井 豪『キューティーハニー
監督:横山彰利
シリーズ構成・脚本:高橋ナツコ
キャラクターデザイン:井関修一
副監督:若林厚史
色彩設計:渡辺亜紀
美術監督・美術設計:柴田 聡
音響監督:なかの とおる
撮影監督:山根裕二郎
録音調整:菊地一之
音響効果:今野康之
音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ
音楽:中山真斗(F.M.F)
音楽プロデューサー:磯山 敦
音楽制作:エグジットチューンズ
制作:プロダクションリード

キャスト

キューティーハニー如月ハニー坂本真綾
ハリケーンハニー:内田真礼
♡♡ハニー:田中敦子
フラッシュハニー:黒沢ともよ
アイドルハニー:花澤香菜
ミスティーハニー:田村ゆかり
♡♡ハニー:三森すずこ

秋夏子:堀江由衣
早見青児:浅沼晋太郎
シスタージル/ジュネ:田中敦子
タランチュラパンサー:釘宮理恵
いぼ痔小五郎:居島一平
手寅あけび:田辺留依
我目モモ実:広瀬ゆうきA応P
早見順平:寺崎裕美
早見団兵衛:富田耕生
直子:朴璐美
常似ミハル:小林ゆう
アルフォンヌ:白石稔
ポチ校長夫人:内藤玲

キューティーハニーユニバースのあらすじ

如月ハニーは聖チャペル学園に通っている女子高生
だが、その正体は天才科学者・如月博士によって生み出された美少女アンドロイド愛の戦士キューティーハニー である。

ハニーは謎の秘密結社 パンサークローを捕まえるべく、 対パンサークロー捜査官とともに行動する。

しかし パンサークローの幹部であるシスタージルが偽名を使い潜入。

ハニーは敵であることを知らず、シスタージルを純粋に信じ続けるが……
http://cutiehoney-u.com