かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『立花館To Lieあんぐる』全話感想まとめ - 今期最高の百合ハーレムアニメ


2018春アニメの時期になりました。『立花館To Lieあんぐる』を見ましたので感想を書きたいと思います。

9話感想


風邪をひいたはなびをそのあちゃんが付きっ切りで見守る。2人の友情?がいい話だなあ。てかそのあちゃんって学校行ってないけど何歳なんだろう。

8話感想

そのあちゃんに好きな人を振り向かせるの秘訣『恋のABC』を聞くこのみちゃん。この顔はあかんやろ。

そんなことしている隙にいおりははなびに積極的にアプローチ。しかし依子さんが買ってきたイカに負けるはなび。イカ以下だった。

このみちゃんの恋のABCが炸裂。
Aは出会い頭に腕を組んで密着
Bは胸元見せてセクシーアピール
Cは押し倒し
男には効くけどなあ…

7話感想

このみちゃんの誕生日、流星群に願いごとを託すと叶えてもらえるときき山上の展望台へはなびと夜な夜な出掛けることに。そこでこのみちゃんは大胆にもキスをお願いする。キマシ。


しかしイノシシが襲って来てよく分からないキスに。イノシシが追いかけてくるが、このみちゃんが水の入ったバケツで撃退すれば良いと教わったのを思い出し
、水を掛けるのかと思いきや物理攻撃で笑った。

いやーお色気あり、百合あり、ギャグあり最高だわ。でも夜はイノシシだけじゃなくてサルみたいな性欲のオオカミもいるから気をつけた方がいいですよ。

6話感想

三井そのあの入館を祝して『ポロリもあるよ♡女の子だらけのサバゲー水鉄砲歓迎会』開催!

チーム分けははなびこのみ依子 vs いおり優そのあ
ブラが透けたら負け!

あなたは透けないわ…私が守るもの…

サイドがガラ空きのそのあにこのみが肩に一撃!しかし、そのあが吹っ切れて背水の陣の反撃!しかし、このみの絶体絶命の危機に依子が盾となって守る!その隙に、このみの水鉄砲がそのあに直撃!

おっと!ここで優が身を呈して…と思いきやブラを外したー!さすが話がわかる!

一方、いおりははなびは敵同士なのに共闘?「今は撃つつもりはない」とのことだが、どんな策略が張り巡らされているのか…

一方、このみは優に強襲!返り討ちにされた…と思いきやなんと下にスク水着用!下着が透けていないのでセーフ!

ブラじゃないから恥ずかしくないもん!

しかし、ここでいおりがはなびを人質に取りこのみを無力化!無抵抗のはなびを倒し優勝!悲しいけどこれサバゲーなのよね…

今期アニメの中で最高の回でした。パロディも素晴らしい。BD買いますね。

立花館To Lieあんぐる (7) Blu-ray付き特装版 (百合姫コミックス)

立花館To Lieあんぐる (7) Blu-ray付き特装版 (百合姫コミックス)

5話感想

三井そのあが登場。立花館に住み着きます。

いおりとはなびが押入の中でくんずほぐれつ。このみちゃんは好きなのですが、いおりは好きになれないので今回はイマイチでした。

4話感想

今期の覇権アニメが決まりました!おめでとうございます!とにかくいやらしすぎますこのアニメは。

今回はこのみちゃんがトイレを我慢する私の大好きなシチュエーション。なんか変な性的嗜好を暴露した気がするが気にしない。

こういうアニメは大抵の場合トイレに間に合うのですが、なんとこの作品は粗相をしてしまいます。ほわぁ…が生々しい。アドセンス剥がされるかもしれないがトイレと粗相は一般用語なので多分セーフ。

おまけ

3話感想

三角関係が勃発。いよいよタイトルの「とらいあんぐる」の様相を呈してきました。とは言うものの、このみは依子と優にもライバル心を持ってそうなので、トライアングルというよりもトライアングラーピラミッド(三角錐)関係の方が近いかもしれません。

テンポが速すぎます。尾行も思いついてから切り替わりで尾行終了という究極の時短。てーきゅうのようなテンポの速さがアニメの一要素となっている作品ではないので、どうしても勿体ないという印象があります。ポプテピピックの余った15分をこれにくれればよかったのに。

2話感想


怒涛のお色気シーン。密度からいえば、そこらへんのエロアニメを遥かに凌駕しています。そして、主人公のラッキースケベ能力。これもう『立花館To Lieあんぐる』じゃなくて『立花館To Loveる』だろ。
7/18に単行本の7巻が発売になるそうですが、特装版にBDが付くみたいです。買おうかな…

立花館To Lieあんぐる (7) Blu-ray付き特装版 (百合姫コミックス)

立花館To Lieあんぐる (7) Blu-ray付き特装版 (百合姫コミックス)

1話感想



5分アニメなのですが、結構面白く15分ほどはあっても全然見ていられます。コミック百合姫に連載されているように、緩い百合アニメなのですが、あらすじにあるようにラノベ風ハーレムアニメの主人公が女になったものだと考えると雰囲気がつかみやすいでしょう。
女の子が可愛いですし、初回から少しえっちな展開があって、掴みも良いです。百合にあまり耐性のない子を主人公に立てて、そこに津田ちゃんを当てるのも良いキャスティングだと思います

立花館To Lieあんぐる』スタッフ・キャスト

キャスト

夏乃はなび CV.津田美波
藤原このみ CV.桜木アミサ
篁いおり CV.仲田ありさ
藤原依子 CV.松嵜麗
月城優 CV.小松未可子
三井そのあ CV.喜多村英梨

スタッフ

原作: merryhachi
連載: コミック百合姫一迅社刊)
総監督: ひらさわひさよし
チーフ演出: つしまゆりか
キャラクターデザイン: 花井 柚都子
美術監督: 青山央和
撮影監督: 林幸司
音響監督: ひらさわひさよし
音響制作: Cloud22
シリーズ構成・脚本: WORDS in STEREO
アニメーション制作: Creators in Pack/スタジオリング

立花館To Lieあんぐる』あらすじ

ラッキースケベでハーレムな漫画の主人公が、女の子だった!?

高校進学に合わせて、6年ぶりに帰ってきた田舎の街。
お洒落なデザイナーズマンション風の寮“橘館”から優雅に登校…と思ったら、手違いでボロアパート“立花館”に入居するハメになった夏乃はなび。
立花館では入居初日から謎の全裸の美少女に遭遇したり年上お姉さんの恥ずかしいトコロをうっかり目撃してしまったりなぜかつっかかってくる幼馴染みの恥ずかしいトコロを凝視してしまったり。
…って、全然「ラッキー♪」なんか思ってないんだからっ!
http://tachibanakan-anime.com