かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20180913144440j:plain f:id:mochirixi:20180913150252j:plain f:id:mochirixi:20180913150300j:plain

TVチャンピオンが復活する件【大食いYouTuber】

20年ほど前に大食いというのは一大ムーブメントとなっていた。『フードファイトクラブ』などの大食い早食い番組が高視聴率を叩き出し、フードファイターはアイドル的な人気を持つものもいた。

その大食いブームの火付け役となったのはテレビ東京の『TVチャンピオン』だったのは言うまでもない。

 

あの伝説の番組『TVチャンピオン』が帰ってくる

テレ東「TVチャンピオン」復活、4・14から放送 - 芸能 : 日刊スポーツ

 

『TVチャンピオン極~KIWAMI~』というタイトルでBSにて予選を含む1時間番組として放送された後、地上波でも決勝のみ30分番組として放送されるという。

そして、初期の放送予定のテーマには含まれていないが、TVチャンピオンの看板企画といえば真っ先に思いつくのが「大食い」である。

小林尊ジャイアント白田、ギャル曽根、山本卓弥、木下ゆうか、赤阪尊子、新井和響、岸義行など非常に多くの大食いタレントを輩出してきた実績がある。

現在はTVチャンピオンという看板は外されたが、大食い王決定戦という形で受け継がれている大人気企画である。

TVチャンピオンの大食い王選手権に端を発した大食いブームではあるが、一時期は大食いを真似することによって事故が起こってしまったことを受けて縮小傾向にあった。

しかし、最近は大食いが再びブームになる兆しが見えている。その一端を担っているのはYouTubeであろう。

 

YouTubeで活躍する大食いタレント

近年は大食いタレントたちがこぞって活動の場をYouTubeに移している。

TVで活躍できる大食いタレントは非常に限られた人数のみである。ギャル曽根やもえあず以外はほぼタレントとして活動できている人はいないのではないだろうか。

そこで大食いという武器を有効に使ってお金に結び付けられる場所として出てきたのがYouTubeだった。

 

 木下ゆうか

まず一番有名どころとしてあげられるのは木下ゆうかだろう。


【MUKBANG】 THE Honor OF Saiki Oita City!! Shiitake mushroom Sushi! 48Pieces + Soup, 2000kcal[Use CC]

彼女は大食いタレントというよりはいち早くからYouTubeに目をつけていた超有名YouTuberとしての印象が強い。ちなみに写真集も発売している。

木下ゆうか PHOTO BOOK yuuka Yuka Kinoshita PHOTO BOOK

 

谷やん 谷崎鷹人

次に有名であると思われるのが最近の大食い王でも活躍している谷やんだ。


【大食い】カニ飯6.0㎏~カニ味噌をふんだんに使って~

近年YouTubeでは料理動画が高い人気を得られるようになっており、料理動画としてのレベルの高さと大食いとしてのレベルの高さが両立されている彼の動画が人気になるのは納得である。

 

この2人は動画のクオリティがとても高く、再生数や登録者数も非常に多い。

しかし、あまり振るわない大食いYouTuberも存在している。

 

MAX鈴木

現役世代最強のフードファイターと呼び声の高いMAX鈴木もYouTubeで活動している1人だ。その実力は折り紙付きのはずだが、YouTuberとしてはやや微妙な位置にいる。


【⚠️閲注】【大食い】豚骨ラーメン(7kg)45分チャレンジ‼️【MAX鈴木】【マックス鈴木】

 この動画を見るとわかるが、フードファイターとしての実力は疑いようもなく本物である。

しかし、動画のクオリティとしてはいかがなものだろうか。

MAX鈴木はあくまでもフードファイターとして競技者のようなストイックさで大食いに挑んでいるのだろう。アメリカのホットドッグ早食い選手権に挑戦しようと現在はトレーニングを積んでいる。

動画投稿に関してもトレーニングを公開して、そのついでに広告収入を得ようというレベルなのかもしれないが、もっと動画に工夫を凝らして欲しいと思ってしまう。

動画の問題点

少し文句を言う形にはなるが、まず第一に動画のOPが長すぎる。ヒカキンはじめOPを持っているYouTuberは多くいるが、MAX鈴木のOPはそれらと比較して長すぎる。ヒカキンのように5秒程度に収めるのが適切だろう。

次にアバンがないのも問題だ。OPに入る前に短い本編の一部を挿入したほうが視聴を継続してもらいやすいはずだ。ここもヒカキンを見習えばいいだけである。

そしてとにかく動画が長い。長すぎる。食べ始めから終わりまでを全て余すことなく見せたいのだろうが、まあ長い。

これらを改善してもらえればもっといい動画になるのになと素人考えでは思ってしまう。

 

ロシアン佐藤

テレビで女性フードファイターとして活躍するロシアン佐藤もyoutubeに参戦している。チャンネル登録者数は26万人となかなか善戦している。

【大食い】5.8㎏!! 20分以内!! 特大ラーメン&餃子チャレンジメニュー!時間内に食べ切れるのか!?【ロシアン佐藤_RussianSato】 - YouTube

17分で5.8kgを綺麗に平らげる姿は爽快感がある。

 

一般YouTuberも…

普通のyoutuberも量的にはフードファイターらと比較にならないのだが、再生数が多くなるので大食い動画を上げることが多い。最も多用しているのはMEGWIN TVだろう。他にもスカイピースやデカキン、はいじぃなどがよくアップしている。水溜りボンドやフィッシャーズはテレビで禁止されている早食い動画が稀にある。

 

最後に

MAX鈴木は動画を見ていてもなぜかアンチが多いのだが、これからも日本最強のフードファイターとしてその道を邁進していって欲しい。また小林尊のようなスターが生まれる日を期待したい。