かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

QMAロストファンタリウムのクイズのコツとおすすめリセマラキャラ

もともとアーケードのQMAプレイヤーだったので、クイズマジックアカデミーロストファンタリウムをチマチマ遊んでいます。QMAは問題の多彩さが売りのクイズゲームで、こんなもん知るかよというような問題もしばしば存在します。QMAファンタリウムスマホゲームなので、アーケードのQMAよりも問題は優しいですが、自分の興味のない分野などで難しく感じる問題もあると思います。

今回はQMAにおけるクイズのコツのようなものを書いていきたいと思います。ちなみにアーケード版のQMAは当時、ドラゴン組(一番高い組)の最底辺レベルで、私が有名クイズプレイヤーだとかそういうことはありません。ただのクイズ好きな一般人なので、クイズ王の秘訣を聴きたいという方は読む価値がないと思います。

形式ごとの対策

まずQMAには形式がいくつかあります。タイピングはQMAファンタリウムには今のところありませんが、○×、四択、連想、並べ替え、スロット、順当て、文字パネルを私は確認しています。

 

○×

マルバツ問題は簡単そうに見えて難しいです。ロストファンタリウムは対人戦がないので良いですが、アーケードのQMAでは1問も○×が勝敗を分けることがよくあります。基本的に分かっていないと正解は出せないのですが、知らなくても正解できるような問題もあります。

例えば「人間以外にも、年をとると白髪が生える動物がいる」という問題は実際にQMAに収録されていますが、もしこれが×だったとすると全ての動物を確認しなければこのような問題が作れません。この地球上にいる全ての動物を確認して白髪の有無を判定するのは不可能なので答えは○になります。

問われている範囲が大きくなると、このように自動的に○になる問題が出てきます。しかし、Wkipediaに載っている例ですが、「地球上には、乳房のある鳥もいる」という問題は、鳥全部を調べられないから○だとすると間違いで、乳房は哺乳類にしかないので答えは×です。

万能ではないので、こういう解き方もあるということを知っていると1問得できるかもしれません。

 

四択

四択はとてもベーシックなクイズ形式です。『黒猫のウィズ』でも基本の形式だったと思います。四択は分かってないと答えられないですが、「〜ですが」という引っ掛けがあるのに注意してください。例えば、「日本一大きい湖は琵琶湖ですが、日本一深い湖は何でしょう」という問題です。

QMAアーケードでは、問題が確定していなくても他の人に負けそうと思ったら、表示されている問題の答えをそのまま押したり問題文の先を予想したり色々戦略は考えられるのですが、QMAロストファンタリウムの場合は間違える方のペナルティが大きいので、最後まで問題は見たほうが安全です。

早く押したところで微々たるダメージボーナスが入るだけなので、早押しの意味はあまりありません。QMAアーケードは文字パネルも引っ掛けがありましたが、QMAロストファンタリウムでは打ち込んだ文字を消せるので問題ないでしょう。

 

連想

連想もQMAアーケードと違い、早押しする利点は少ないです。そして分からないときはとりあえず最後まで見ましょう。最後に答えそのものに近いヒントが書いてある場合が多々あります。四択も連想も焦りは禁物

 

並べ替え、スロット

これは選択肢が大量にあるので勘だけではなかなか当てられない問題です。ただQMAロストファンタリウムを中級まで一通りクリアしましたが、この形式の難しいクイズはほぼ無かったので問題ないと思われます。

分からない場合はとりあえずクルクル字を回して見ると良いと思います。色々試しているとピカッと閃くときがあって正解が導けるということが稀にあります。あきらめたらそこで試合終了ですよ。

 

どうしても詰まったら

クイズはできるようになったけど、クリアできないということがあるかもしれません。というかあります。私は上級のストーリー後半がすでにクリアするだけでキツいです。

そのときどうするかと言うと結局強いカードを集めてキャラを育てると言うことしかありません。クイズゲームとは言ったものの、結局スマホゲームなのでQMAアーケードと違い、クイズだけで全てが決まるわけありません。カードの強化が必須になります。

そのためリセマラを強くお勧めします。特に最初の11連でURを2枚確保していくことをオススメします。私はこれをやらないで大変苦労しています。URにも性能差があるので、強いURならなお良いでしょう。リックが強いと思います。私は持っていませんが。