かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

プロダクション・エースの歌唱アイドル声優オーディションについて


プロダクション・エースがKADOKAWAと組んで新人声優を発掘するオーディションを開催することを発表した。

今回の声優オーディションは、タイトルにあるように歌唱力を重視するようだ。歌唱力重視の声優オーディションはランティスの、次世代の声優アーティストを募集する「次世代声優☆ミラクルオーディション」などが他にある。(応募は終了済みで審査も終わっているはずなのに結果は不明。4月からの『アイカツフレンズ』に出演するのではないかと噂されている。)

また過去には『全日本アニソングランプリ』というのもあった。こちらはアニソン歌手を発掘するプロジェクトであるが、声優としてデビューした人も多い。例えば、第3回の大阪大会を優勝した寺川愛美(現在は改名して愛美)さんや、81オーディションのグランプリを受賞したのに第5回アニソングランプリに出場してたことから規約違反となった駒形友梨さん、同じく第5回に出場した松田颯水さん、松田利冴さん姉妹。そして第7回に出場した鈴木愛奈さんなどがいる。いずれもバンドリ、アイマスラブライブと歌手活動が重要なアイドルアニメで活躍している。

さて「歌唱アイドル声優オーディション」である。公式サイトには求める人材が書いてある。

今回求める⼈材は、『まっさらな⼈材』です。
「この作品で私は有名になる!」
「この作品の為なら何でもやる!!」
という、熱意・覚悟・野⼼・根性・体⼒を持った⼈材を発掘したいと思っています。

最終的に、メンバー全員は「仲間」であって「敵」ではない。ある程度の緊張感や厳しさは必要だが、⾃分達は仲間・家族です。メンバー、スタッフと全員で作り上げていく「家族」になれる⼈を探しています。

気持ちさえあれば全員にキャスティングのチャンスが待っています!!

なんか昭和のような前時代的な精神論を並べられて辟易します。「この作品で私は有名になる!」「この作品の為なら何でもやる!!」ってもの凄いパワハラの匂いがするのですが気のせいでしょうか。『まっさらな人材』というのは上の言うことには唯々諾々と従えという意味でしょうか。怖いです。

まあ、きっとそんなつもりで書いたのではないでしょうからそれは置いておいてメンバーという単語が気になります。複数合格させてグループを作る予定なんですかね。アイドルユニット飽和の時代にどこまで食い込んでいけるか、かなりの人材が求められます。

さてグランプリ特典は

KADOKAWA新作アニメでメインキャラクターとして出演デビューとなります!
また株式会社プロダクション・エースに所属し、デビューに向けて演技・歌唱・ダンス等歌唱アイドル声優としての実力アップを図ります。(レッスン費は全額免除となります。)

となっています。

KADOKAWA新作アニメというのはどんなアニメかは、かなりの博打です。確かにKADOKAWAの携わっているアニメはめちゃくちゃ多いので『けものフレンズ』のような大当たりを引く可能性もありますが、一切話題にもならないラノベ原作アニメに出ることもあります。というかプロダクション・エース所属になるので後者の方が可能性が高いでしょう。

このオーディションを受けようと思っている人はプロダクション・エースの現在および過去に所属していた声優を確認してください。富樫美鈴さんや本多真梨子さん、喜多丘千陽さんなどが有名だと思いますが、全員売れたそばから他事務所に移っていきます。
現在プロダクション・エースに所属している有名な声優は野水伊織さんやブリドカットセーラ恵美さんがいます。野水さんはアーティストデビューもして、2人ともなかなか存在感のある声優ですが、第一線級の声優とは少し言い難いです。

プロダクションエース所属から売れっ子の声優になるにはかなり難しいです。もちろんできないとは言っていません。しかしここで声優界のエースになれる声優は、他事務所であればもっと爆売れするのではないかと思っています。プロダクションエースを退所して他事務所に移る声優が多いのはそのせいではないでしょうか。

もし応募を考えている人がいたら散々引き止めることを言ったのは申し訳なく感じます。プロダクションエースを貶めるつもりでこのブログを書いたのではありません。
実際プロダクションエースは多数の角川アニメに声優を派遣していますので、合格すれば他の事務所でくすぶっているよりも声優活動は存分にできるでしょうしアーティストとしてCDも出せるでしょう。
ただ声優になるというのは大変なことだと伝えたいのです。大多数の声優は声優業では食べていけません。しかし、それでも声優になりたいという意思がある人はぜひ応募してほしいです。私、いや声優ファンたちは必ず応援してくれます

歌唱アイドル声優オーディション2018 | 声優事務所・タレント事務所|プロダクション・エース
応募条件などは上記サイトをご覧ください。