かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

2018春アニメの期待の7作品を独断と偏見でピックアップ

うずらインフォさんにて2018年の春アニメ一覧が更新されましたので私の独断と偏見で期待できる作品を選んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

 





こみっくがーるず

f:id:mochirixi:20180118173137p:plain
TVアニメ『こみっくがーるず』公式サイト

読者アンケートで最下位をとってしまった、4コマ漫画家の萌田薫子。独特のセンスや将来性を見込まれ、現役女子高校生で出版社「文芳社」の漫画雑誌からプロデビューを果たした薫子だが、画力やストーリーは拙く、キャラクターの魅力やリアリティにも乏しく、人気が振るわずにいた。自虐的な性格でメンタルが弱く、才能を独力で伸ばせるタイプではない薫子のことを心配した担当編集者の編沢まゆは、女子漫画家寮への入寮を勧める。薫子はルームメイトの恋塚小夢や、同い年で活躍している先輩漫画家の色川琉姫、勝木翼と同じ寮で、プロ漫画家としての研鑽を積みながら、同じ高校に通うことになる。4人は、編沢の酒飲み友達で学生時代からのオタク仲間たちでもある、寮母の花園莉々香や学校教師の虹野美晴から見守られつつも、漫画家であることは隠しつつの学校生活を過ごしたり、互いの仕事をアシスタントとして手伝ったり、ネタ出しや取材に付き合ったりしながら、漫画家としての日常を過ごしてゆく。(Wikipediaより引用)

最近あまりヒット作がないまんがタイムきらら系列のアニメだが、『こみっくがーるず』は各方面から期待されているようだ。『まんがーる』の続編ではありません。確かに漫画はなかなか面白い。漫画家のあるあるを描いているので、作者自身の実体験も豊富だろうからネタの質も高くなる。
主人公の薫子を演じる赤尾ひかるさんはアイムエンタープライズの将来を期待される新人声優。ゲーム『リディー&スールのアトリエ』でも抜擢されたので、これからもどんどん仕事が増えてくるであろう注目の声優だ。

TVアニメ「こみっくがーるず」 第2弾PV



多田くんは恋をしない

f:id:mochirixi:20180118173739p:plain
TVアニメ「多田くんは恋をしない」公式サイト | 2018年、TVアニメ放送予定
動画工房のオリジナルアニメ。『月刊少女野崎くん』のスタッフが集結している。タイトル通り恋愛アニメだろうが、PVを観ると普通に恋愛している。『恋をしない』とはどういうことなのか放送が楽しみな作品だ。
ヒロインの石見舞菜香さんは昨年末まで新人女性声優の登竜門的番組『ラジオどっとあい』で『石見舞菜香のまなかのナカマ』に出演していた。プロ・フィット所属で彼女もこれからどんどんアニメ露出が増えていくだろう。

完全新作オリジナルTVアニメーション「多田くんは恋をしない」PV第1弾



フルメタル・パニック Invisible Victory

f:id:mochirixi:20180118175046j:plain
TVアニメ「フルメタル・パニック!IV」公式サイト

敵<アマルガム>のガウルンゲイツといった強敵を倒し、いつもの平和な日常が戻った「陣代高校」。 しかし、そんな日々は長くは続かなかった...。失態続きの<アマルガム>は、本気で相良宗介たちに襲いかかってくる。世界各地の<ミスリル>の基地が強襲される!テッサ率いるトゥアハー・デ・ダナンが格納されている「メリダ島」も多数のミサイル、アームスレイブによって攻撃される。一方、日本の宗介、かなめにも魔の手が迫っていた!! 再び、宗介、かなめ、テッサたちに試練が訪れる!!!(公式サイトより引用)

前作から13年ぶりのフルメタル・パニック新作がいよいよ放送開始します。絵コンテが豪華なことで話題になっています。

1話 中山勝一
2話 中山勝一、吉田英俊
3話 出渕裕
4話 京田知己

中山勝一氏は『エヴァンゲリオン新劇場版』の副監督、出渕裕氏はガンダムシリーズの様々なMSのデザインやパトレイバーのデザインを担当された方で、京田知己氏は『交響詩篇エウレカセブン』の監督です。
13年の沈黙はこのためにあったのだというようなかっこいい戦闘シーンを見せてほしいと思います。

「フルメタル・パニック!IV」PV



ウマ娘 プリティーダービー

f:id:mochirixi:20180118190839p:plain
ウマ娘 公式サイト|Cygames

現代、日本。私たちが住む世界の何ら変わりのない普通の世界。ただひとつだけ、この世界には特別な存在がいる。”ウマ娘”ー超人的な走力を持つ大人気アイドルにして、神秘的な美少女たち。そんな”ウマ娘”たちが目指す夢。国民的スポーツ・エンターテイメント”トゥインクル・シリーズ”それはウマ娘たちの熾烈なレース・バトル!大観衆の熱狂に包まれ、スターティングゲートが今、開く!(公式サイトより引用)

スマホアプリがケチを付けられまくって延期に延期を重ねているウマ娘がいよいよ放送、いや出走します!ネット検索するとサジェストに爆死と始まる前に出てくる可哀想なアニメですが、Cygamesのアニメはなかなか侮れません。調整不足でダークホースになりつつあるウマ娘ですが、ディープインパクトのような追い込みを見せてくれるのか楽しみです。

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」PV第1弾




スポンサーリンク

 


魔法少女サイト

f:id:mochirixi:20180118192934p:plain
TVアニメ「魔法少女サイト」公式サイト

学校ではクラスメイトからひどいいじめに遭い、家庭では兄から虐待を受ける女子中学生の朝霧彩。そんなある日、部屋のパソコンに突如繋がった謎のサイト・魔法少女サイトと出会う。魔法少女サイトからステッキを与えられ、魔法少女となった彩はその日、執拗ないじめに追いつめられた恐怖で咄嗟にステッキを使うと、目の前にいた相手は忽然と姿を消し、離れた場所で無惨な死を遂げていた。彩は不本意にも人を殺めてしまった罪悪感に混乱する中、自分と同じく魔法少女サイトからステッキを与えられ、魔法少女となったクラスメイトの奴村露乃と出会い、魔法少女として過酷な運命に巻き込まれていく。(Wikipediaより引用)

寡聞にして私はこの原作漫画の存在を知らなかったのですが試し読みで面白いなと感じたので、紹介したいと思います。
佐藤健太郎 | 魔法少女サイト | Champion タップ!
序盤しか読んでいませんが『魔法少女まどか☆マギカ』を彷彿とさせるダークな感じで、まどかマギカよりも生々しい暗鬱さが作品を覆っています。この雰囲気をどこまでアニメでも出すことができるか注目したいと思います。



されど罪人は竜と踊る

f:id:mochirixi:20180119200506p:plain
TVアニメ「されど罪人は竜と踊る」公式サイト|TBSテレビ

自然現象・物理法則の再現、物質の生成を超物理的に行うための化学体系〈咒式〉。この技術によって、人類はかつて〈魔法〉として恐れられた力を自在に操ることに成功。〈咒式〉は生活のあらゆる分野に恩恵をもたらし、跋扈していた〈竜〉や〈異貌のものども〉すら駆逐する勢いで、急速な発展を遂げていた。その技術を使い、トラブル解決と賞金稼ぎの生業に明け暮れる、ふたりの攻性咒式士、ガユスとギギナ。混沌とした国境の街、エリダナに咒式事務所を構える彼らに〈竜〉を狩る仕事が舞い込むのだが――。ふたりの主人公の軽快にして絶妙な掛け合い、〈咒式〉という独特な科学技術体系を綿密に描いた戦闘描写、そしてなにより世界の理不尽な残酷さを正面から描き切るその作風で、「暗黒ライトノベルの始祖にして最終作」と称される『されど罪人は竜と踊る』。現在、小学館ガガガ文庫より20巻まで刊行され、長くアニメ化不可能と言われ続けた本作が、TBS・BS-TBSにて2018年4月よりTVアニメ化! ガユスとギギナ、天敵にして相性最悪な最高の「相棒」たちの物語が動き出す!(公式サイトより引用)

こちらも放送を延期されていた期待のアニメ。残酷ともいえる物語と表現方法、演出の仕方により「日本で最初の暗黒ライトノベル」と称されるラノベのアニメ化です。初刊は2003年発売で、『涼宮ハルヒの憂鬱』『灼眼のシャナ』『とある魔術の禁書目録』など前後に有名作が多数揃っており、個人的に一番ライトノベルが面白かった時期ではないかと思っています。今の若い人たちにウケるかどうかは未知数ですがきっと楽しめるのではないかと思います。

TVアニメ『されど罪人は竜と踊る』PV第1弾



ヒナまつり


TVアニメ『ヒナまつり』公式サイト

芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ! 暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやりたい放題。頭を抱える新田だが、気のいい性格が災いしていつも面倒を見る羽目に。一体、この生活はどうなってしまうのか? お人好しなアウトローと気ままなサイキック少女の危険で賑やかな日常が始まる!(公式サイトより引用)

大人と子供のコメディアニメはいくつかあるが、『ヒナまつり』はギャグ色が非常に強いです。公式サイトトップがE.T.のパロディになっていることからも分かるだろう。ギャグアニメですが意外と萌えることもできます。特にアンズちゃんがかわいい。ギャグアニメ好きは是非チェックしてみてください。

TVアニメ「ヒナまつり」第1弾PV