かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

2018冬アニメ1話感想(宇宙よりも遠い場所、スロウスタート、刀使ノ巫女、ポプテピピック)

スポンサーリンク
 

 

宇宙よりも遠い場所

漫然とした毎日の生活を変えたい少女・キマリが南極に行くために毎日努力している少女・報瀬(しらせ)に出会って変わっていく。

オリジナルアニメ。第1話はなかなか面白かった。報瀬に出会って変化したキマリの気持ちを、対比の構図を使い上手く表現していた。物怖じするキャラが一歩を踏み出すまでダラダラと描いて冗長になるアニメも多いが、展開が早くて飽きさせない

これから先どのような展開になっていくのか、まだ見えないが2話が楽しみなアニメである。

大事なお金なのに常に持ち歩いてる設定やお金を貯めているのに新幹線で南極観測船を見に行くといった矛盾が気になる。せめて高速バスを使いなさい。

www.mirikai.site

 

スロウスタート

中学浪人した一ノ瀬花名が、1年遅れで念願の高校に入学するが、誰も自分のことを知らない場所で不安を感じながら学校生活をスタートさせる。

まんがタイムきらら原作。他のきららアニメに違わず美少女動物園もので、それ以上でもそれ以下でもない。『ごちうさ』以降のきららアニメに辟易しているので、これも面白いとは思えなかった。

2話以降観ないつもりだが、もし面白くなるのであればアニメはスロウスタートにしない方がいいと言いたい。

 

刀使ノ巫女

学内剣術試合で優勝した可奈美は準優勝の舞衣と共に鎌倉で開かれる御前試合に出場する。決勝戦に進んだ可奈美は姫和と対戦するが、姫和は対戦そっちのけで警視庁刀剣管理局局長の折神紫に斬りかかるが返り討ちにされる。それを可奈美が助けてどこかに逃げる。

あらすじを書いていて意味不明だと思ったが、これ以上書きようがない。正直観ていても意味不明である。アニメを元にしたスマホゲームの開発も決まっているが、どっちも流行るのは無理だと思う。

アバンでムカデみたいな敵と戦っている描写があったが、これはない方が良かった。女子高生が剣術に打ち込むアニメだと思わせといて、モンスターを出す方が意外性があって話題になる。そもそも女子高生プラス刀剣とかいう擦られまくったネタを今更やっても難しいだろう。

 

ポプテピピック

あらすじは書けません。ネットで話題になったギャグ4コマ漫画のアニメ化。クソアニメ。クソアニメって言ってもクソアニメって言われるために作ってるんだからどうにもならない。

基本はナンセンスギャグやパロディー。声優が事前に発表されたものと異なっていたり、前半と後半で同じ内容を流したり、声優にベテラン声優を使ったり、30分滑り倒した。滑ったって言われるために作ってるんだからやっぱりどうにもならない。

某所でキルミーベイベーと比較されていたが全然違うものである。あいまいみーとも比較されていたが、それとも違う。比較出来るとすれば『ごはんかいじゅうパップ』だろう。