かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ラブライブシリーズの円盤売上推移について思うこと

ラブライブ!サンシャイン!!の売上

先日発売された『ラブライブ!サンシャイン!!2nd season 』1巻の売上の数字が出た。

41768

 

一般的なアニメの売上とすればかなり上々というかトップクラスの数字だ。しかしラブライブシリーズであるということを考えると物足りないと思ってしまう。

基本的にアニメは1巻目がシリーズの中で最も売れると言われている。

ラブライブは全13話構成であるため1巻は1話収録で価格が他の巻と比較するとかなり安くなっており、実際の人気より下駄を履かせたような結果になると思ってもらっていい。

ラブライブ!サンシャイン!! 【全7巻】
巻数  初動  2週計  累計  発売日
01巻 66,745 71,584 83,384 16.09.27
02巻 45,815 51,531 60,608 16.10.26
03巻 23,249 30,849 35,395 16.11.25
04巻 25,788 29,851 36,076 16.12.22
05巻 25,835 30,661 52,771 17.01.27
06巻 23,884 34,357 49,459 17.02.24
07巻 46,156 54,782 65,036 17.03.24

こちらが昨年放送の『ラブライブ!サンシャイン!!』の円盤売上のデータだが、1巻から2巻の下がり幅が大きいことや2期の売上が1期と比較してかなり落ちていることがわかる。3,4巻が極端に落ち込んでるがこの2巻のみイベントチケットが付属しないからである。

 

ちなみにこちらが『ラブライブ!』の売上データである。

ラブライブ!
初回限定版 【全7巻】
巻数  初動  2週計  累計  発売日
01巻 18,429 22,404 35,130 13.03.22
02巻 15,249 17,132 28,012 13.04.24
03巻 15,982 16,904 25,772 13.05.28
04巻 14,601 18,365 26,379 13.06.21
05巻 16,504 19,041 23,554 13.07.26
06巻 19,133 20,545 26,025 13.08.28
07巻 31,470 34,878 39,489 13.09.25 

特装限定版 【全7巻】
巻数  初動  累計  発売日
01巻 *4,391 *6,288 14.05.28
02巻 *4,314 *6,012 14.05.28
03巻 *4,397 *5,981 14.05.28
04巻 *5,060 *8,752 14.05.28
05巻 *5,789 *6,674 14.05.28
06巻 *4,419 *5,254 14.05.28
07巻 *3,862 *4,624 14.05.28

 売場から消えさり、欲しい人の手に渡りきらなかったため同仕様ながらも特装限定版として再販されるという処置がなされた。

 

ガールズ&パンツァー』も初回限定版が消え去ったため同じような販売方法が取られている。ただラブライブの場合販路が限定されていたが、ガルパンはごく普通に売られている。

現在に至るまでBOX売りなども行われていないため、ラブライブシリーズの円盤で最も市場価値を保っているのはラブライブ1期のBDである。最初に初回限定版を手にした人にもメリットがある売り方をしてくれるバンダイビジュアルが私は好きだ。

 

ラブライブ2期はアニメ界の金字塔かと思われるほどの売上を打ち立てるが、それはイベントチケットの力によるところが大きい。

 ○ラブライブ! 2nd Season 【全7巻】
巻数  初動   2週計  累計   発売日
01巻 *82,119 *97,191 115,870 14.06.20 ※合計 116,266枚、通常版 *,396枚
02巻 *41,865 *49,164 *58,400 14.07.25
03巻 *41,482 *45,578 *53,264 14.08.27
04巻 *41,243 *46,467 *53,991 14.09.24
05巻 *38,997 *43,202 *49,018 14.10.29
06巻 *30,960 *41,769 *50,867 14.11.21
07巻 *51,985 *57,672 *70,873 14.12.25

 

ラブライブTVシリーズの売上を見てきたがおそらく売上枚数の順番としては

 

ラブライブ!2期 > ラブライブ!サンシャイン!!1期 > ラブライブ!サンシャイン!!2期 > ラブライブ!1期

 

になる可能性が高いだろう。

 

ラブライブ1期はそもそも市場に出回った数が少なく人気もここまでではなかったので一番少ないのは当然だが、ラブライブ!サンシャイン!!2期の売上はやはり少ない。

売上が下がった理由

ではなぜ『ラブライブ!サンシャイン!!2nd season 』があまり売れていないのかを考えたい。

1期から2期でアニメの出来という部分で特には変わりがないとは思う。ただラブライブサンシャインという作品は新規が入りにくくはある。新規がいないとはいえ2万のファンが減ったとはやや考えにくい。

特典は1期と同じくイベントチケット優先申込券が封入されているし、2万近くの数字を失った理由が製品そのものにあるとは思えない。

他の要因として挙げられるのはラブライブ運営の方針の変化である。

その最たるものがチケット転売の締め出しだろう。

テレビ番組でチケットキャンプが潰れたことを取り上げた際に高騰チケットの例として挙げられたのが『Aqours』のライブチケットだった。

そのレベルで高騰するチケットを転売を目論む人々が放っておくはずもない。目をつけられていたから高騰したのであって順序が逆かも知れないが。

チケット転売需要が2万枚というのは十分に考えられるのではないか。

 

まとめ

現在ラブライブという作品はアニメ本編を売っているというよりはそこから始まるライブコンテンツを主な売り物にしている感覚が強い。

声優を前面に出したグッズ展開などもその現れだろう。

ラブライブというコンテンツのライブが魅力的なのはわかるがそれだけで勝負するような今の売り方はあまり好きになれない。

本当に面白い作品を作り、それに対価を正当に支払いたいと思えるような体験をさせてくれることを願う。

 

上記のデータは

アニメDVD・BD売り上げまとめwiki

から引用させていただきました。

 

www.mirikai.site 

【Amazon.co.jp限定】 Awaken the power  (デカジャケット付)

【Amazon.co.jp限定】 Awaken the power (デカジャケット付)