かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

ウーマンラッシュアワーの政権批判漫才について思うこと

12月17日のフジテレビ系列『THE MANZAI』でウーマンラッシュアワーが政権批判とも取れる漫才を披露したことが話題になっている。

www.huffingtonpost.jp

漫才の流れ
村本が福井出身であることから福井に原発が4基もあることが語られる。その後、中川が福井に住みたいというので村本が福井のことをどれだけ中川が理解しているか確かめる。ここでは北陸新幹線で金沢までは潤ったが福井は全く恩恵がないことがネタになっている。

ここから村本は福井に留まらず、他の地域についても同じ形式でクイズを出し続ける。そこでは沖縄の基地問題や東京のオリンピックの巨額費用問題、熊本の復興が未だ進んでいない現状について訴え、さらに小池百合子を名指しし、自分ファーストであると皮肉る。

漫才は更にマクロな視点を持ち、日本がアメリカの言いなりであること、北朝鮮のミサイル問題に発展し、最終的には政治に興味のない国民の意識の低さを問題提起する。

リテラが漫才を文字に起こしている。

lite-ra.com

お笑い芸人が政治問題を扱うこと

半年前に茂木健一郎氏が以下のようなツイートをしていた。

このツイートがダウンタウン松本の逆鱗に触れたのか、『ワイドナショー』に茂木健一郎を呼び出し、松本侮辱罪の罰として公開処刑を行った。

news.nifty.com

この番組を見ていてダウンタウン松本は身体はでかいのに心は小さい男だなあと思ったのはもちろんあるが、茂木健一郎もなぜ反論しないで、松本の言うことに唯々諾々と頷くばかりだったのが不思議だった。茂木氏であれば芸能界の仕事がなくなったとしても、自分の本業があるのにそんなに芸能界にしがみつきたいのかと思ったものだ。

その茂木健一郎氏はウーマンラッシュアワーの漫才を見てウキウキでツイートを連発している。

茂木健一郎に応援されてもあんまり嬉しくない。そもそも日本のお笑い芸人が政治問題を扱わないのは、やっぱりニーズがないからだと思う。その点では、村本が指摘した国民の意識の低さが現れている。しかし政治問題を扱ったからと言って、すぐお笑いが高レベルになるわけでもない。結局はどう料理するかの問題だろう。

 

ウーマンラッシュアワーの漫才は面白かったのか
f:id:mochirixi:20171218170558p:plain

正直あまり面白いとは感じなかったし、会場の雰囲気もイマイチだったように思う。まずウーマンラッシュアワーのネタの仕様上仕方ないところがあるが、詰め込みすぎて説明に終始していた印象だ。

ニュースやワイドショーでコメンテーターが指摘するようなことを漫才仕立てに変えただけのように見える。政権批判をするならウーマンラッシュアワーの個人的な意見をもっと掘り下げてほしかった。

ただ身近な地域の話から国家の話そして個人の意識へという話の広がりは上手くできていた。構成の妙はただでさえ早口で分かりにくいウーマンラッシュアワーの漫才を少しでも分かりやすくする工夫だろう。

面白いと感じなかったのは、共感性が薄いのが最大の理由だと思う。例えば、2010年のM-1グランプリスリムクラブが「なんとかならんかねぇ?」に対し「民主党ですか?」と切り替えして大爆笑をかっさらったことがある。

このときは民主党の支持率が低迷し続けており、民主党に国民の不満が溜まっていた時期でもあった。ちなみに、政権交代前の自民党政権時は返しが「自民党ですか?」になっている。

今回は安倍政権の支持率はそこまで低下していないし、マスコミも忖度して表立った批判はしていない。なのであまり共感できない。あるあるネタに代表されるように共感性は日本の笑いの重要な要素だ。

 

そもそも安倍政権批判漫才なのか

沖縄の基地問題や日本がアメリカの犬になっていることなどは別に今に限った話ではない。しかも小池知事は名指しで批判したが、安倍首相はあの字も出なかった。インターネット上で政権批判として取られている状況に違和感を感じる。

ウーマンラッシュアワーが本当に政権批判をしたいのであれば、森友加計問題や共謀罪アベノミクスの失敗などについて取り上げるべきだった。

ただウーマンラッシュアワーもテレビに放送されるギリギリを狙ったのかもしれない。爆笑問題によると政治ネタはNGになることも多いらしい。

とくに吉本の権力者のダウンタウン松本が安倍首相と昵懇の仲なので警戒もするだろう。

マスコミは権力の監視役という役割もある。最近のマスコミ政権寄りの姿勢は恥ずかしい。

 

まとめ

ウーマンラッシュアワーが批判を恐れず政治ネタをゴールデンの地上波でやったことは評価したい。文化人顔でコメンテーターをしている一部の芸人よりもしっかりお笑いに向き合っている。

しかし、このくらいの政治ネタでタブーを犯したと大騒ぎになる現状が芸人が政治ネタを躊躇させる原因になっているのではと感じる。