かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

にゃんこスターは芸人の完成形である

最近よくテレビに出ているにゃんこスタースーパー3助アンゴラ村長の男女コンビです。

 

優勝…じゃなくて準優勝したキングオブコントを観ていましたがインパクトが強烈でこれは売れるなとすぐ思いました。

審査員のさまぁ〜ず三村が「家に帰ってもう一回見たい」と言ってましたが、私もあの縄跳びネタの虜になってしまい、毎日のように観てしまいました。

でもネットではあんなのコントじゃないとか全く面白くないとかいう意見がメインで、Youtubeの動画のコメントも批判ばかり。
そこでセンセーショナルなタイトルを掲げてにゃんこスターを擁護してあげたいと思います。
 
まずネタを観てもらえば分かるように純粋に楽しい。リズムネタはオリエンタルラジオや2700やバンビーノなど色々なコンビがやってますが、彼らはお笑いの方程式に則ったちゃんとしているネタでしっかり観てないと面白さが分かりません。
それに比べて、にゃんこスターのネタはアンゴラ村長軽快な動きのとスーパー3助大袈裟なツッコミ。もちろん緊張と緩和や天丼というお笑いの法則を活用しているネタではありますが、他のリズムネタに比べて圧倒的にノンバーバルな笑いです。
キングオブコントの採点時に「幼稚園などで披露したい」と言っていましたが、ぴったりです。猫のキャラクターも可愛いので子供たちにも大人気になるでしょう。
 
そしてなにより人を傷つけない笑いと言うことが言えます。
先日の『一周回って知らない話』でアンゴラ村長が「顔や生まれを蔑んで笑いを取るのはもう古い」と言っているのに感銘を受けました。
日本は人種差別こそあまり意識しないですが、ルッキズム(ブスハゲチビ差別)は酷くてお笑いの大半を担っています*1
例えばフットボール岩尾の頭を「ハゲとるやないか」と後藤が叩いたり、フット岩尾を「ブサイク」と貶したりするやつです。
にゃんこスターのネタには差別も嫌味もありません。これは芸人のあるべき姿ではないでしょうか。
 
そしてこれは最も楽しさに繋がることだと思うのですが、スーパー3助アンゴラ村長が付き合っているということです。
アンゴラ村長は「別れたらコンビも解散する。好きじゃなくなったら楽しく踊れない。」とまで言います。
アンゴラ村長が楽しく踊っていなかったら、あのネタは観ている側も絶対楽しく感じないでしょう。つまりそこにあるのはお笑いの小手先の技術や勿論貶しや蔑みでもありません
 
愛です。
 
こんなに高尚なお笑い芸人が未だかつていたでしょうか。全世界的な非言語的な笑いを持ちながら愛に満ち溢れたコンビ。
芸人はすべからくにゃんこスターを目指すべしです。

*1:追記:人種差別も先日の『笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で浜田雅功の黒塗りが問題になりました。個人的には全く問題ないしポリコレうざいなとしか思いませんでしたが、これから先もっと基準が厳しくなるものと考えられます。