かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

ラストアイドル in AbemaTV 2018年6月10日感想 (GoodTears vs Love Cocchi)

先週から始まったラストアイドル in AbemaTV。LaLuce、GoodTears、シュークリームロケッツLove Cocchi、Someday Somewhereの5組が、有名プロデューサーのプロデュースを受けてパフォーマンスを生放送で披露し、審査員投票に加え視聴者投票によって勝敗を決め、優勝したユニットには4thシングルの表題曲が与えられるというプロデューサーバトル第2弾です。

前回はプロデューサーの担当ユニットが決定しました。
LaLuce…後藤次利
GoodTears…近田春夫
シュークリームロケッツつんく♂
Love Cocchi指原莉乃
Someday Somewhere…秋元康

今回は、GoodTears vs Love Cocchiの対戦です。

Love Cocchi



指原莉乃プロデュースのLove Cocchi。衣装は肩出しミニスカートというセクシーな衣装。だけどLove Cocchiつんく魔改造されて清純派になったのでセクシーと言うよりも可愛いという印象が強い衣装ですね。

振付師はNMB48日下このみ。「心の文字を書け!」や「僕以外の誰か」などのシングルで振り付け経験ありですが、他グループの振付は初めてとのこと。指原はこれ視聴者投票を含む人気投票ってことを分かっての起用でしょう。


楽曲は「LOVE Docchi」
作詞:指原莉乃
作曲:渡辺尚
編曲:宅見将典

渡辺尚は欅坂46「Overture」、SKE48「キスポジション」、=LOVE=LOVE」などの作曲家、宅見将典はSomeday Somewhereの「この恋はトランジット」などの編曲を担当しています。

最初、生放送のせいでスタッフのミスがありましたが、気を取り直してスタートしました。曲はダジャレ。王道だとメンバーは言ってましたが、ちょっとコミカルで表題曲にはそぐわないような曲じゃないかなと思います。ファーストアルバムに入ってそうな曲。

振付はサビで座るときにパンツが見えて非常にえっちなのですが、正直次のGoodTearsの印象が強くてあんま覚えてないです。手を隠すところが天使と悪魔を表現しているとのことですが、よくわからん。

マイクが悪いのか緊張なのか歌が下手すぎてビックリました。つんくプロデュースのときはもっと上手かったと思うのですが、やっぱりプロデューサーって大事ですね。指原莉乃ってプロデューサーの才能あるんかな…Someday Somewhereのプロデュースはまだ良かったのですが。

GoodTears



近田春夫プロデュースのGoodTears。ヘソ出し強要のエロオヤジという印象しか前回はなかったんですが、ヘソが出ていない。どうやら曲の途中で脱ぎ捨てるみたいです。そして出されてきた歌詞に困惑。レコーディングではノリノリのおっさん。大丈夫かこれ…

振付師はベリーダンサーのPECO。この人はしっかりしてそう。


楽曲は「へえ、そーお?」
作詞:作詞センター(近田春夫
作曲:作曲研究所(近田春夫
編曲:近田春夫、山岸大輔(Frame Recordings)
Mix:山岸大輔(Frame Recordings)
Fix:近田春夫

曲はダジャレ満載なんですが、これが案外良い。初期のモーニング娘。のような感じと言えばいいかハッピーサマーウエディングのような曲をもっとコミカルにしたような雰囲気で悪くないです。歌詞が意味不明なのも逆に良い方に作用しています。

最初全然期待していなかったのですが、予想を裏切ってくれました。振付もセクシーで可愛らしい。表題曲には向いていないかも知れませんが、GoodTearsには案外こっちの路線の方が合っているのかなと思います。

ジャッジ

ジャッジは吉田豪竹中夏海がそれぞれ1票。視聴者投票が1票の3票の多数決で決定します。視聴者投票はAmebaTVのその場で投票可能。私はGoodTearsに投票しました。

結果は視聴者投票がLove Cocchiが54.4%の得票でまず1票。しかし吉田豪竹中夏海がGoodTearsに入れたので2-1でGoodTearsの勝利となりました。

感想

GoodTearsのパフォーマンスが意外にも良かったのでGoodTearsに入れました。アイドル畑の人がいいと前回の感想で言っていましたが、こういう化学反応が起きるとなると別のタイプのプロデューサーも良いですね。

Love Cocchiは声が出ていなかったのと曲自体にあまり惹かれるものを感じませんでした。やはり前回のつんくのプロデュースが素晴らしかったです。あれこそがプロデュースって感じで、指原莉乃のやってるのはただの元請けにしか見えません。

AmebaTVで放送することに関してなのですが画質が勝手に低下したりするのと、そもそも最高画質でもデフォルトの画質が低いのが残念ですね。キャプチャー画像が荒くてすみません。

視聴者投票に関してですが、今回のパフォーマンスはどう見てもGoodTearsの勝ちだと思いますが、Love Cocchiの勝利になりました。まあ想像した通りただの人気投票ですね。パフォーマンスバトルなんだからパフォーマンスで決めろよとは思うのですが、まあそれを徹底させるのは難しいでしょう。M-1THE MANZAIでも視聴者投票が問題があることが分かっていますし、審査員の多数決があるなら不要なのではという気もします。

次回はLaLuceとSomeday Somewhereの対戦です。