かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

サッカー日本代表とサッカー協会はW杯で勝てたとしてもクソ

先日西野新監督になってから初の親善試合が横浜日産スタジアムでガーナと行われた。結果は0-2で日本の惨敗だった。ガーナはFIFAランキング50位(日本は60位)と格上にはなるが、ガーナはワールドカップ本戦には出場できていない。ワールドカップではガーナよりも強いチームが出てくるわけだから、W杯でも苦戦も必至だろう。さらに今回のガーナは殆どが控えメンバーだったという。

確かにハリルホジッチ前監督が解任され、西野監督になってから初めての試合なので、それを考慮すれば試合自体には及第点かもしれない。失点もFKとPKだった。ただ得点は0なので昔から言われている決定力不足には変わりがなかった。

ハリルホジッチ解任の理由

ハリルホジッチ解任の理由としては主にスポンサーや電通の意向、および招集されなかった選手からの不満が噴出したためと言われている。

不満を言った選手というのは、世間で話題になっている名前を挙げると本田圭佑岡崎慎司香川真司長谷部誠ららしい。まあ日頃の発言などを鑑みると如何にも不満を訴えそうな面々であるなと思う。長谷部はちょっと意外だったが、そのほかのメンバーはさもありなんという感じだ。

一部のサッカーファンからはハリルホジッチは解任されて当然という声も上がっている。その理由をよく読むと、選手とのコミュニケーションが取れていないからだとか目標のないつまらないサッカーをしているからだとか言われている。

まず、選手とのコミュニケーションが取れていないということに関してはそもそも選手がハリルとコミュニケーションを取ろうとしていないのでどうしようもない。日大アメフト部が監督やコーチの言われた通りにした結果、悪質タックルにより関西学院大学の選手を怪我させたということもあり、監督やコーチの言いなりになりすぎることに問題はあるが、それはルールとして違法なことを指示したのが問題なのであり、基本的には選手は監督の言うことを実行すべきだ。その上で実績が伴わなければ解任すればいいのだし、監督の考えるサッカーが嫌だからという理由で解任してはいけない。

ではハリルホジッチは実績がなかったのかというとそうではない。まずワールドカップのアジア予選を通過している。そしてfootballGEIST様のデータによるとハリルホジッチ監督は

  • 勝率ランキング1位
  • 一試合あたりの得点数ランキング1位
  • 一試合あたりの失点(の少なさ)ランキング1位

というDHCばりの記録を残している。(ただしこちらは公式戦だと思う。解任までの非公式戦含む通算結果はこれよりも劣る。しかしながら歴代上位なことに変わりはない。)

たしかにハリルホジッチ監督期は試合数も少ないしコンフェデ杯にも出ていないので高くなって当然(とは言ってもコンフェデに出ても最悪でも3敗分が追加されるだけ)だが、負けているのならともかく勝っているのに解任は不適切と言わざるを得ない。


次に、目標のないつまらないサッカーだったという意見だが、ハリルホジッチの目標はワールドカップで勝つことであり、それに向かって様々な試行錯誤を長期的に行ってきたのである。自分たちのサッカー(笑)とかいう刹那的な面白さにこだわった町内会のサッカーでチームに掲げるような目標でなく、プロとして本番で勝つための準備をしていた。そもそも面白いサッカーつまらないサッカーとかいう抽象的極まりない概念よりも、実績で判断する方が明らかに合理的である。

ガーナ戦について

西野監督に代わって最初のガーナ戦は惨敗に終わった。私はサッカーの素人なので内容について口出しはしない。面白いサッカーだったかつまらないサッカーだったかも私には分からない。ただ負けたのでつまらないサッカーだったなあと思う。終了後に選手にインタビューがあるが、そこでのコメントを一部抜粋する。
本田「結果は想定外、内容は想定内」
長友「今の自分はすごく冷静、落ち着いている」
槙野「色々なものが見つかった試合だった」
香川「手ごたえを感じている」
長谷部「悪い感覚は持っていない」

日本vsガーナの選手コメント(代表親善試合:2018年5月30日):Jリーグ.jp

あんな試合をしていてよくポジティブになれるなあと思う。吉田や大迫は危機感を持っているようなコメントをしているのに対照的である。ここでラジオで解説をしていたJOYのコメントを抜粋したい。

「3バックやめたのか…じゃあ最初からやらなくても…」
「ガーナも決して本気じゃないんですよ」
「良いところが今のところないですね」
「やっぱりハリルで良かったんじゃないかなあ(半ギレ)」
「お客さんはブーイングしたほうが良い」
「ただの自分よがりのサッカー」
「もう二度と呼ばれないかもしれないですけど、弱い」
「ガーナが一番(日本が弱くて)驚いてるかもしれないです」
「チッ(舌打ち)」
「ブッwそれ外すかw」
「大学生でもこんなに課題ないよ」
「え?ワールドカップって今年ですよね?」

これが大多数の視聴者の意見ではないだろうか。サッカー解説者は保身のためにサッカー協会や電通などに忖度して当たり障りのないコメントを残している中、ここまで言えるのは素晴らしい。

ワールドカップで勝てるか?

まあ今のままでは十中八九勝てないと思うが、南アフリカ大会のときも途中で監督が岡田武史に代わって、その後親善試合では負けまくっていたがワールドカップでは2勝1敗で決勝トーナメントまで進出した。

なので今回も予想に反して勝つかもしれない。しかし南アフリカ大会のときはもっと選手らに危機感があったと思う。有名な闘莉王選手の言葉を引用する。

ザースフェーの宿舎。口火を切ったのは闘莉王だった。
「俺たちはヘタクソなのだから、泥臭くやらないといけない」
 ここから先は闘莉王の独壇場だった。
「考えてみろよ。俺らの中で一番うまいのは(中村)俊輔さんだ。でも俊輔さんでも、世界中を見渡してみれば、それほどでもないんじゃないか? これからワールドカップで戦う相手と比べれば、それほどでもないんじゃないか?
 カメルーンにはエトーがいる。オランダにはファンペルシスナイデルがいる。あいつらは一発で試合を決める力の持ち主だ。俊輔さんがあいつらと同じレベルで試合を決められるだろうか? そうじゃないだろう? みんなでやらなきゃだめなんだ。
 俺らはもっと走って、もっと頑張っていかないとだめだ。コツコツやらないといけない。日本らしいスタイルとか、パスを回すとか、もちろん理想は大切だけど、ヘタくそはヘタくそなりに泥臭くやんないと、必ずやられる。
 このままでは1対1の局面になったら、俺らは全部負けだ。せっかくワールドカップに出ても、逆に恥ずかしい試合になってしまうぞ」(自著『大和魂幻冬舎より)

まとめ

自分が試合に出たいから、スポンサー的にまずいからという私利私欲な理由で、監督を解任させた日本サッカー協会はクソでしかない。ここまで弱い日本代表を率いてくれたハリルホジッチには感謝しかない。ハリルホジッチには申し訳ないが、おかげで日本の腐った体質が明らかになったと思う。最初から興行をしたいのなら、もう次回からはズブズブの日本人監督を選ぶべきだと思う。内輪で勝手にやってるだけなら好きにやってくれて構わない。

サッカー日本代表が発表

GK
川島永嗣(35=メッス)
東口順昭(32=G大阪)
中村航輔(23=柏)

DF
酒井宏樹(28=マルセイユ
酒井高徳(27=ハンブルガーSV)
長友佑都(31=ガラタサライ
槙野智章(31=浦和)
植田直通(23=鹿島)
昌子源(25=鹿島)
遠藤航(25=浦和)
吉田麻也(29=サウサンプトン

MF
長谷部誠(34=フランクフルト)
山口蛍(27=C大阪
原口元気(27=デュッセルドルフ
宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ
大島僚太(25=川崎F)
柴崎岳(26=ヘタフェ)
香川真司(29=ドルトムント
乾貴士(29=エイバル)
本田圭佑(31=パチューカ

FW
大迫勇也(28=ブレーメン
岡崎慎司(32=レスター)
武藤嘉紀(25=マインツ