かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

ウマ娘プリティーダービー感想 - 元ネタと比較しながら【毎週更新】

f:id:mochirixi:20180411132133j:image

2018年春の深夜アニメの口火を切るのがこのウマ娘になる。

ウマ娘はCygamesが手がけるスマホアプリを軸にしたプロジェクトであるが、肝心のスマホアプリはまだ配信されていない。当初の予想ではウマ娘のプロデューサー石原章弘が元々手がけていたアイマスミリオンライブの音ゲーアプリ「アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ」よりも早くプレイできるだろうと思っていたが、まさかシャイニーカラーズとほぼ同期になろうとは思いもしなかった。ウマ娘の出演声優はアイマスで見知った顔がとても多い。イベントに何度も通っているが、プロデューサーと声優がツーカーである。

 

ウマ娘 4話感想

f:id:mochirixi:20180416002802j:image

エルコンドルパサーは史実でも3歳新馬、4歳500万下、共同通信杯ニュージーランドトロフィーとデビュー後4連勝しています。そして4話ではNHKマイルカップでも優勝します。ここでエルコンドルパサーがダービーを目指すと宣言しますが、実は史実ではダービー出場していません。史実では次のレースは秋の毎日王冠でここではスペちゃんの親友のサイレンススズカに敗れています。

また少しカタコトになっているのは、元々がアメリカ生まれだからでしょう。

f:id:mochirixi:20180416003220j:plain

それはどうかなといえる。セイウンスカイはライバルとしていいキャラをしています。

f:id:mochirixi:20180416002817j:image

スペシャルウィークはダイエットのために好物の人参を封印。

f:id:mochirixi:20180416002846j:image

仲間のスパルタ特訓で体重を減らします。

f:id:mochirixi:20180416003225j:plain

f:id:mochirixi:20180416002830j:image

また根性を鍛えるために高飛び込みに挑戦。目隠しからの高飛び込みは昔のQさまを彷彿とさせます。ダービーで勝つには大変だ。

f:id:mochirixi:20180416002359j:image

短距離最強馬タイキシャトルスペシャルウィークは模擬レースを行います。タイキシャトルもアメリカ出身なのでカタコトになっていますね。タイキシャトルマイルCSスプリンターズステークスを制し、フランス遠征でもジャック・ル・マロワ賞を制覇。生涯成績13戦11勝という恐るべき成績の名ウマ娘です。ウマ娘では大坪由佳が演じています。非常にわかりやすい。

f:id:mochirixi:20180416002409j:image

結局スペシャルウィークは負けてしまうのですが、スリップストリームとピッチ走法を勉強します。

この題材でバカアニメにならないのはいいのか悪いのか。内容がいたって真面目です。このアニメは競馬への入り口としては非常にいい作品。実際のレース結果や歴史を知っていると見方が変わります。見ているうちに競馬への知識を深めたくなる。

しかし実際の競走馬の名前を使っているからか、あまりにふざけられないという制約もあるのかもしれない。本音を言えば、私はもうちょっとバカアニメの方に向いて欲しいと感じました。

 

 

ウマ娘 3話感想

みりぃです。かいぶつ氏が更新しないので、私が追記していきます。

f:id:mochirixi:20180411132226j:image

ライブで恥ずかしい思いをしたスペシャルウィークですが、ライブの特訓するためにトウカイテイオーにトレーニングしてもらいます。

f:id:mochirixi:20180411132425j:image

トウカイテイオーは歌と踊りが上手い。

そしてスペシャルウィークは三冠を目指すために、まずはプレ皐月賞である弥生賞に出場します。

f:id:mochirixi:20180411132527j:image

ライバルはセイウンスカイキングヘイロー。最後差し切って見事勝利します。この辺りは史実と同じですね。

f:id:mochirixi:20180411132638j:image

f:id:mochirixi:20180411132645j:image

そして皐月賞。結果はセイウンスカイの勝利になりました。原因は馬体重が重かったという描写がされていましたが、実際は外枠の馬には不利だったと言われていますね。

しかし、競馬の史実をなかなかしっかりパロディしていますね。

f:id:mochirixi:20180411133618j:image

グラスワンダーもこの時期に足を怪我していたのは事実ですし、キングヘイローも良血統なのが良く表現されています。

f:id:mochirixi:20180411133850j:image

会長室にかかっているEclipse first, the rest nowhere.はイギリスの18世紀の競走馬エクリプスにちなんだことわざです。意味は「エクリプスの他に並ぶものなし」。

 

さて、ネタバレになってしまうのですが、現実ではスペシャルウィークはダービーで勝ちますが、菊花賞ではまたセイウンスカイに負けてしまいます。ちなみに歴代三冠制覇馬はセントライトシンザンミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクト、オルフェーブルの7匹です。シンボリルドルフは会長役ですね。

 

 

ウマ娘 2話感想

1話とは打って変わってシリアスめなシーンが多かった気がする。1話でコミカルな面を強調して、2話目ではシリアスな面を見せる対比は良かった。個人的に初回から2話連続はあまり好きになれない放送形態なのだが、ウマ娘の場合ストーリーの区切り上2話連続放送にしなければならないというわけではないためか、すんなり見られた。初レースであまり苦戦せず、すんなりと勝利する展開も好感が持てる。レースの練習は重ねてきたが、ライブの練習はしてないためウイニングライブで直立不動というオチもなかなかよかった。

f:id:mochirixi:20180402010246j:plain

二人目のお母さんとの特訓シーンはやはり亀田三兄弟を思い出さずにはいられない。

f:id:mochirixi:20180402010157j:plain

 

 

ウマ娘 1話感想

本編はとても狂った世界観でなんとも心地よい。これが私の求めたウマ娘なのだなと実感する。私は生粋のウマ娘ファンなのでアニメが予想外に面白くて嬉しい限りだ。

f:id:mochirixi:20180402000617j:plain

なんちゅう名前しとんねん

自己紹介でスペシャルウィークと名乗るシュールさ

f:id:mochirixi:20180402000627j:plain

ウマ娘はめっちゃ走るのが早い

歩道をその速度で走るんじゃない

f:id:mochirixi:20180402000638j:plain

食べ物を粗末にするんじゃない。

f:id:mochirixi:20180402001011j:plain

なんでレースで勝ったらライブするんですかね?

試合に勝ったら歌う亀田三兄弟みたいもんかな?

f:id:mochirixi:20180402001418j:plain

もはや遊戯王のうららしか出てこねぇ

うららは最遅

f:id:mochirixi:20180402001951j:plain

レースシーンはシュールとしか言いようがない

人間の走る速度ではないので超高速

なんやかんやチームスピカのトレーナーにスカウトされ、いきなりレースを走らされる場面で本編は終了。

本編終了後にOPが挿入されて1話は終わり。ファンファーレとか言われても流川ガールズしか出てきません。

このあとすぐに2話放送だが、続けて放送する必要性が感じられない。Cygamesの資金力が為せる業か。OPがほぼ2連続なんですが。