かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

自称wikiのゲーム攻略サイトは百害あって一利なし

スマホゲームが流行るにしたがって様々な攻略サイトが出てきた。そこで最大手なのがGamewithやAppmedia、またはGame8といった自称ゲーム系wiki攻略サイトである。
しかしこれらのサイトはゲームのプレイヤーにとって利益となるどころか逆に不利益になることを強く宣言したい。金を稼いで利益を得ているのは自称ゲーム系wikiサイトの社員だけである。
自称wikiの問題点をいくつか列記していこう。

wikiという名称について

wikiはウェブブラウザを利用してテキストを追加したり書き換えるシステムのことを言う。wikiWikipediaに代表されるように、誰でも編集できるというのが大きな特徴になっているものが多い。それはwikiを利用する人が共同で作り上げるものである。
ところがGamewithなどの自称wiki攻略サイトは企業が運営しており、ユーザーが編集することはできない。この点からwikiのそもそもの理念に合致していない。それなのに何故wikiを名乗っているかと言うと「ゲーム名 wiki」と検索した時に上位に表示させるためだ。
商業自称wikiが誕生する前は2ちゃんねるなどの有志が攻略情報をwikiにアップしていたので、他の攻略サイトよりも記事が充実していた。そのためwikiと検索する人が多かったので、本当はwikiではないのに嘘をついてコバンザメのようにそれに乗っかろうと思ったのだろう。なんとも醜い

自称wikiの杜撰な内容

wikiって名前がどうだろうが、攻略情報が役に立てばいいだろと思う人もいるだろう。しかし自称wiki攻略サイトはその内容がとにかく杜撰なのだ。
例えばシャドウバースの攻略情報を見てみる。

デウスエクスマキナというカードの記事には9.5点という点数が付いている。しかしデウスエクスマキナが入るデッキタイプというのはいくつかに限られており、必要としないデッキも多い。それを10点満点という点数に押し込み、評価しているのだ。確かに点数表記すれば分かりやすいかもしれないが、これだけではカードの真価は評価できない。

そもそもゲームに対する知見が乏しい

シャドウバースの場合は現在は環境が安定しているので、点数も大幅には外れていないが、新パックが追加された直後などは見ものである。
誰もが強いと思っているようなカードに低い点数をつけたり、弱いカードに高い点数をつけたりめちゃくちゃで笑える。これは記事の質がゴミであっても更新さえしていれば、ドメインパワーに任せて検索上位を占めることができるからである。

また記事を他のサイトから丸パクリするのもお手の物だ。
GameWithのパクリ問題!東証上場企業が手がける攻略サイトが酷い - Togetter
【悪質】Game8のライターにゲーム攻略ブログエントリと画像をパクられた | Lancork
ここに挙げたのはごく一例である。私も自称wikiサイトではないが、しょうもないゴミブログに記事を丸パクリされたことがあるので、パクられた側の苛立たしい気持ちはよく分かる。

アクセス数が見込めないゲームの情報更新停止

自称ゲーム系wikiが一番ゴミだと思うのは、とりあえずサービス開始をしたゲームに関しては記事だけを作って、アクセス数が見込めないようなゲームでは更新を停止することである。
例としてQMAロストファンタリウムの記事を見てみよう。
【QMAリウム】リセマラ当たりランキング/ロストファンタリウム | AppMedia : 【国内最大級】ゲームアプリ攻略サイト!

約1ヶ月前にサービス開始されたゲームだがその後一回も更新されていない。リセマラをやるにしてもURにカードの差があるのにも関わらず御構い無しで放置である。そしてドメインパワーが強いので、こんなゴミ記事が検索上位に出てしまうのである。参考にしたいユーザーからは溜まったものではない。このような記事が腐るほどある。あ、もう記事自体は腐ってるんですが。
一回記事を作成したんならサービス終了まで更新しろと言いたい。こいつらのせいで真っ当に攻略記事をあげてるブログが埋もれるのである。

これから自称wikiサイトはどうなるか

さらに検索結果を汚染しながらのさばっていくだろう。このような自称wikiを検索県外に吹っ飛ばして二度と戻って来れないようなアルゴリズムgoogleには作って欲しいがまず無理だろうと思われる。

このような検索結果の汚染は自称wikiに限らない。例えば芸能人の名前を検索すると必ず出てくる「誰々のスッピンが可愛い!高校は?彼氏はいる?」というタイトルで「調べた結果分かりませんでした」と書いているゴミブログもその一つである。このブログもできるだけそのような記事は書かないようにしたい。

しかしながら実は私のようなことを思っているのは極少数派で、世間一般の人は自称ゲーム系wikiのような薄っぺらい記事で満足しているのかもしれないし、「誰々のスッピンが可愛い!高校は?彼氏はいる?」という記事で十分なのかもしれない。
政治もそうだが、真面目に取り組む時代というのは終わったのだろう。