かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

乃木坂46の生駒里奈、ももクロの有安杏果とアイドル卒業が相次いでいる

乃木坂46生駒里奈乃木坂46を卒業することを発表した。
www.nikkansports.com

先日はももいろクローバーZ有安杏果が卒業と芸能界引退を発表したばかりだ。
news.nifty.com

生駒里奈の卒業理由は


20歳になったけど、料理も大してできないし、郵便局で1人でお金を払うのも不安。自分のことも世の中のことも、分からないことが多すぎると気づいたんです。自分は特別な才能の持ち主でもないし、このままの生活を続けて大丈夫なのかと思い始めました。
大学に通っている人が社会人になるタイミング。世間的にはまだまだこれから頑張っていく年。ずっと芸能活動を続けていきたいと思うと、自分にとっては、1つ勝負に出るのは今がベストだと思いました。母親は『頑張ったんだし、いいと思うよ。卒業してもこれからもずっと応援するよ』と言ってくれました。
とのことで、生駒里奈は芸能界引退はしませんが、有安杏果の「普通の女の子に戻りたい」と大きなくくりで言えば似たような理由であることが分かります。

現在人気絶頂とも言ってもいい乃木坂を卒業するのはなかなかできる決断ではない。正直に言えば乃木坂に繋がっていれば仕事も順調に進むと思うが、それを捨ててまで「勝負に出る」のは生駒ちゃんの意志が強さが感じられる。元々しっかりした子だと思っていたが、22歳の女の子がここまで芯が通っているのは驚きだ。

有安杏果生駒里奈も結局は将来のことを考えての決断なのは明らかだろう。アイドルというのは長く続けられるものではない。声優アイドルは40歳を超えてもアイドルを続けている人がいるが、それはごく例外だ。長く続けられないのであれば、飽きられるまでアイドルにしがみついているよりも、芸能界のキャリアアップを目指して脱退するのは勝負師だが非常に賢い選択とも言える。一方、有安杏果のように一般人に戻ることで、普通の女性としての幸せ(これはフェミニストから差別的だと言われるかもしれないが、他に表現のしようがないので勘弁願いたい)を追い求めるのも堅実だ。嗣永桃子も幼児教育への道へ進むと芸能界を引退した。
加えてアイドルをやっていると一般人の生活が羨ましく見えてくるのだろう。一般人がアイドルに対して抱く憧れとちょうど逆のようなものだ。隣の芝生は青く見える。大物アイドルの卒業が相次ぐと、他のアイドルに対しても少なからず影響がある。これからもアイドルの卒業は増えていくのではないだろうか。

しかしファンにとっては残念である。生駒ちゃんは乃木坂以外でもテレビで見る機会はたくさんあると思うが、芸能界を引退してしまうとそれも出来なくなる。しかしファンならやっぱり好きなアイドルの選んだ道を尊重してあげたい。生駒ちゃんはアイドル時代スキャンダルもなく、ファン対応も丁寧で、アイドルの中のアイドルと言っても過言ではない素敵な夢をファンに見させてくれた。今度は生駒ちゃんが夢を叶えられるように応援しよう