かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

週刊文春を叩く風潮はNOだね

小室哲哉の引退を受けて、不倫を暴いた週刊文春を批判する気運が高まっている。小室哲哉のことなど日常全く気にすることがなかったような人々が急に小室哲哉みたいなすごい才能を葬り去った文春は許さんとか宣っている。

はっきり言ってわけがわからないよ。

小室哲哉が今もトップランナーであり続けているなら、不倫を暴かれたところで引退はおそらくしない。もう音楽業界でそこまで存在感を放っていないことは誰の目から見ても明白だろう。小室哲哉が今作る曲には大半の人が興味を持っていない。小室哲哉を語るときに使われるのは全盛期の輝かしい功績ばかりだ。

私も小室哲哉の全盛期を知る人間であるから、90年代の小室哲哉の無双ぶりは印象に強く残っている。だが今は昔、小室哲哉が曲を書いてもさほど売れない。売れないのだったら才能が枯れたのだったら、引退もやむ無しだと思うのが正直なところだ。それに誰も引退しろとは言っていないのだから、やりたいのならばやればいいし、やめたいのならやめればいい

www.mirikai.site

 

そして週刊文春小室哲哉の不倫を暴いたことの何がいけないのか。たとえ介護が辛かったとしても不倫していいことにはならない。世の中には知らないほうがいいこともあるとかなんとか言って文春を叩く人もいるが、ここぞとばかりに週刊文春を叩く人間の品性こそ疑わしいものだ。

小室哲哉に同情的な感情を抱くあまり週刊文春を叩いていいという風潮が出来上がることには納得できない。世間の手のひらの返しっぷりには文春サイドも呆れ果てるしかないだろう。不倫しているにも関わらず、相手の事情を汲んで忖度するほうがどうかしている。

 

こういった芸能人のゴシップネタ自体がいらないという人がいるが、私はこういうネタが好きだし、どんどん暴いていってほしいと思っている。芸能人の誰が誰と不倫していたとかははっきりいってどうでもいいニュースだし、あってもなくても生活には支障ない。

嫌なら見なければいい

自分が標的になるような有名人であれば週刊文春に対して憤るのもわからなくはないが、一般人からしたらどうでもいい話だ。思いがけず事件に巻き込まれた当事者になった場合でもしつこい取材に遭いそうではあるが、そこは芸能人の不倫などの問題とは別次元の話だろう。

 

自分から望んで芸能人や有名人になったのであれば、自らの行動に1から10まで責任を持つべきだ。週刊誌にすっぱ抜かれて困るようなことはしなければいい。それを守れないのならば引退すればいい。簡単なことだ。

 

ただ、週刊文春が調子に乗っているというのは同意できる。自分がこれらの存在と関わり合いになったときには、大変にうっとおしい目障りな存在になるのであろうとは想像がつく。しかし有名人になる予定はない。対岸の火事であるから言えることかもしれないが、もっと大きなネタを真摯に追いかけ私達を楽しませて欲しい。