かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

ダーリン・イン・ザ・フランキス感想

f:id:mochirixi:20180114110348p:plain

アニプレがガチで賭けてそうな新作ダーリンインザフランキス』が放送された。内容はボーイミーツガールの変化球ロボアニメというようなものだ。ディストピア的な空気で主人公をはじめとする子供は戦うための道具にされているようだ。内容はともかく映像から溢れ出るオーラがやばいと感じられるほど画がよかった。冒頭のみ異次元でよかった気がする。キャラデザの田中将賀アニプレと組んでいくつものヒット作を生み出してきたが、2016年の『君の名は。』でさらに名を上げた。事前番組でも持ち上げがすごかった気がする。

 

制作はトリガー×A1-picturesの共同で行われている。スタッフの多くはグレンラガンと共通しているようだ。賭けている感がありありすぎる。『天元突破グレンラガン』はたしかに面白かったが、今2クールであれが放送されていたとしたら私は見ない。たしかに面白いのだが、私の好みとはあまり合致しない。そのようなグレンラガン田中将賀の威光に縋ろうという魂胆がミエミエの本作にはあまり期待できる点がない。

 

1話では主人公とヒロインがロボットに乗り込み、真の力を発揮し敵を撃破して終了だったが、まあ普通の1話としか言いようがない。ヒロインにも主人公にも特別なものが感じられない。私は自分を無類のロボットアニメ好きだと思っているが、本当に好きなのはサンライズ的なロボットアニメだけのようだ。現在では叩きの対象やネタにしかされていない『鉄血のオルフェンズ』の1話のほうがよっぽどよかった。

 

追記(みりぃ):遅ればせながら録画で観たので感想。『天元突破グレンラガン』はもちろんロボットアニメの寄せ集め、よく言えば良いとこどりに思えた。例えばスタドラとかエウレカとかエヴァとかガンダムとかアクエリオンとか。

タウバーンは好きなので、ロボットのデザインは好きです。でもストーリーは普通、というかそもそも私はロボットアニメってあんまり好きじゃないんです。好きなのはガンダムくらい。

とりあえず毎週1回はドンパチして欲しい。あと羽が生えまくったゴテゴテのロボットは出さないで欲しい。